新書太閤記しんしょたいこうき06 第六分冊06 だいろくぶんさつ
秀吉の赴いている中国陣。 光秀の活躍している丹波方面の戦線。 また、包囲長攻のまま年を越した伊丹の陣。 信長の事業はいま、こう三方面に展開されている。中国も伊丹も依然、膠着状態と化している。やや活溌に …
作品に特徴的な語句
信濃しなの 一抹いちまつ 気魄きはく 帰依きえ 歯痒はがゆ 対峙たいじ 美濃みの 野分のわけ 深傷ふかで やじり 諏訪すわ 女々めめ 嫌疑けんぎ 陸奥みちのく 駿河するが 麾下きか 眉宇びう 坩堝るつぼ 峻烈しゅんれつ 脚下あしもと 蔓草つるぐさ 容赦ようしゃ 午過ひるす あさひ しば 逐電ちくてん かみしも まこと 斡旋あっせん 耄碌もうろく しめ とぎ 従弟いとこ 和睦わぼく なつめ 殲滅せんめつ 謀叛むほん 和泉いずみ 峻厳しゅんげん 仮借かしゃく 忌憚きたん 内輪うちわ 喊声かんせい 夕靄ゆうもや 失踪しっそう くさび 生木なまき 震駭しんがい 籠手こて さかい 茫漠ぼうばく 仄白ほのじろ 巍然ぎぜん 譴責けんせき 近衛このえ 筑紫つくし 有耶無耶うやむや 熨斗のし 眉目みめ 見栄みえ 叡智えいち 土堤つつみ 息吹いぶ 頑是がんぜ 嫡子ちゃくし 尨大ぼうだい 毀誉褒貶きよほうへん 見恍みと 錚々そうそう 丹精たんせい 咀嚼そしゃく 稀代きたい 肩衣かたぎぬ 述懐じゅっかい 雑鬧ざっとう 些事さじ 危惧きぐ 遮断しゃだん さん 湯気ゆげ 蕭条しょうじょう 俯瞰ふかん 叡山えいざん 奢侈しゃし げき 紅蓮ぐれん 衣摺きぬず 齟齬そご へい 初陣ういじん 嶮岨けんそ 捗々はかばか 昏々こんこん 烏合うごう 伯耆ほうき 晩酌ばんしゃく 蒟蒻こんにゃく 伺候しこう 強靱きょうじん
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)