新書太閤記しんしょたいこうき06 第六分冊06 だいろくぶんさつ
秀吉の赴いている中国陣。 光秀の活躍している丹波方面の戦線。 また、包囲長攻のまま年を越した伊丹の陣。 信長の事業はいま、こう三方面に展開されている。中国も伊丹も依然、膠着状態と化している。やや活溌にうごいているのは、丹波方面だけだった。 …
作品に特徴的な語句
たす アナガ アル アヤマ シテ カタジケナ カシラ タダ クハ タメシ オノズカ サマ ヨリ 嬰児ちご アリ ムク 殿シンガリ バカ セイ コン ヲリ コロモ キコ テイ カケ ツカマツ クダ つむ シカ むつか わこ カツ 生業なりわ ハイ おおい さい 数多アマタ ヒト スス かた 養父おや ほうむ ゾン ひら きやう 先駆サキガケ しゃ 去来キヨライ しわ そうろ よろ 退 みん かく あき こう ちが 掃除サウヂ いら なお 分別フンベツ げん 松明タイマツ ヒツジ こう ほと あな かたじけな がしら 大輔だいすけ 夫婦みょうと よそ しるし みつ ゆう タチ つまび ソデ ヨロヅ
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)