“松明”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいまつ94.8%
まつ2.8%
あかり0.9%
たきまつ0.5%
まつのあかり0.5%
タイマツ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗厳は、心残りでならなかったが、家臣三名に松明を持たせて、ここから奈良まで二里足らずの道を、送って行くようにいいつけた。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さうしてそのまはりには仕丁たちが、手ん手に燃えさかる松明を執つて、煙が御縁の方へ靡くのを氣にしながら、仔細らしく控へて居ります。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
(蓮如行きかける。供の竹原の幸子坊後より続く。蓮如、幸子坊の持った松明に目をつけ)
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
弟が用意して呉れた僅な松明の灯を掲げて、女は洞穴の中へ入って行った。歯朶が生い囲んでいる入口の辺を過ぎると、岩窟の岩肌が灯に照し出された。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
昔ながらの松明覚束なき光に見廻はせば、寡婦らしの何十年に屋根は漏り、壁は破れて、幼くて引き取られたる頃に思ひらぶれば、いたく頽廃の色をぞ示す
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
イヨイヨ時刻到来シテ、松明ノ火ニ西風来ツテ吹キ余多伽藍一宇モ残ラズ、夜昼三日、黒雲トナツテ焼ケ終ンヌ……。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)