富士ふじ
人間も四つ五つのこどもの時分には草木のたたずまいを眺めて、あれがおのれに盾突くものと思い、小さい拳を振り上げて争う様子をみせることがある。ときとしては眺めているうちこどもはむこうの草木に気持を移らせ、 …
作品に特徴的な語句
きず 矢庭やにわ 眷属けんぞく 納得なっとく もと 突兀とっこつ あかね 立竦たちすく 頑是がんぜ かけ すずき 朝餉あさがれい 片唾かたず ねぎら 足掻あが 乾坤けんこん 神楽かぐら くど すえ 解脱げだつ しとね 逆手ぎゃくて 百足むかで 地団太じだんだ 現身うつしみ 落魄おちぶ 高嶺たかね しぎ なら 烙印らくいん 歯朶しだ ゆず 合歓ねむ 白妙しろたえ 山毛欅ぶな 利目とめ 大根おおね のろ しべ つと たば 痛痒いたがゆ 葛飾かつしか 綽々しゃくしゃく 蕭々しょうしょう 紹介ひきあわ 郷国くに 須臾しゅゆ 漂泊さすら 媚態びたい 瑞々みずみず 東路あずまじ 慫慂しょうよう あわび 繊細きゃしゃ 寄生木やどりぎ だに いわや うしは 偽者にしもの おうち 聳立そびえた 埼玉さきたま はじかみ なじ 敷妙しきたえ 相憎あいにく 胡籙やなぐい 葉守はもり ひる 錐揉きりも 微紅とき 萱草わすれぐさ 小竹ささ 環境わたり 蜆貝しじみがい さと やす 刀禰とね 淼々びょうびょう 繁栄さかえ 願事ねぎごと くき 磯辺おすひ つき 目途めじ かれいい あえ 孩児がいじ 射干しゃが 新治にいばり 水無みなの 劉喨りゅうりょう 幄舎あくしゃ