富士ふじ
人間も四つ五つのこどもの時分には草木のたたずまいを眺めて、あれがおのれに盾突くものと思い、小さい拳を振り上げて争う様子をみせることがある。ときとしては眺めているうちこどもはむこうの草木に気持を移らせ、風に揺ぐ枝葉と一つに、われを忘れてゆらら …
作品に特徴的な語句
ひめ のぞか くぐ ふた 容貌みめかたち うけ とま いまし あおむ いらだ うれた しずも あらが あやど くぐま かれいい うしは 桔梗きちこう たば かたら かず 水無みなの たずさ 環境わたり えら 逡巡しりご むち うなず ひび 目途めじ 微紅とき いつき そら たか ならわ なら 相撲すま 眩暈めま かな 偽者にしもの 松明たきまつ 萱草わすれぐさ なぶ づる おぞ 諸氏もろうじ とろ あつま 利目とめ 漂泊さすら ねじ くすぶ はが あえ 皎潔きょうけつ とど だる なら 射干しゃが かげ むつまじ 磯辺むしべ はり はた 紹介ひきあわ へり かけ 繊細きゃしゃ 聳立そびえた かたくな かしず 大根おおね 机代つくえしろ あずま 末濃おそご おもんばか よわい 朝餉あさがれい なま おうち