“慣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
49.2%
なら39.2%
なれ2.5%
ならわ2.5%
1.5%
なる1.0%
0.5%
なじ0.5%
なつ0.5%
ならは0.5%
ならはし0.5%
ならわし0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
未だ浮世れぬ御身なれば、思ひ煩らひ給ふもなれども、六十路に近き此の老婆、いかでしき事を申すべき、聞分け給ひしかや
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
予は病に余儀なくせられて、毎夜半そ一時間がほど、床上に枯坐するひなりき。その夜もいつもの頃、目覚めて床上に兀坐しぬ。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
すべて物にればその妙あり、山猟たる者は雪の足跡を見てそのをしり、またこれは今朝のあしあと、こは今ゆきしあとゝその時をもしる也。
垣がってあるのは、城郭生活のしで、少し大きな侍の家となれば、これになお、手飼の者の長屋だの何だのが、加わっているのである。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
双方共朝飯を食いけていない一種の人類だと勘づいて見ると、自分の運命は坑夫にならない先から、もう、坑夫以下にり落ちていたと云う事が分った。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
すべて物にればその妙あり、山猟たる者は雪の足跡を見てそのをしり、またこれは今朝のあしあと、こは今ゆきしあとゝその時をもしる也。
検温器を患者の揷入したりして、失望したり、れったがったりしたが、外へ出ない時も、お銀にばかりせておけなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
で、移居を始めてこれに一朝全潰れ。傷もだが、何のそれしきの事にるものか。もう健康な時の心持はたようで、全く憶出せず、何となくんだ形だ。
「何より先に人猿どもを自分の味方にけなければならない」
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
金銭さへ儲かつたら、地獄へでも下りてくのが支那人のしである。手当が良いといふので、苦力は苦もなく集まつた。青年将校はそれを一めに船に乗せて、馬耳塞をさして海へ出た。
この傘張のも天主の御教を奉ずる人故、娘ともども「えけれしや」へは参るであつたに、御祈の暇にも、娘は香炉をさげた「ろおれんぞ」の姿から、眼を離したと申す事がござない。
奉教人の死 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それ等を家の入口の上と、家庭内の祠の上とにかけるがある。意匠の多くは美しく、そのある物は構造上に多分の手並を示している。
立者級の人で、常に脇役又は稍低目の脇役を振られけた人々がある。其等の人々は、自ら渋さを覗ふ。名人又は「芸の虫」など呼ばれた人々が、どうかすれば、道化畠に向うて、気随な活路を開く。
「詠」はうたとれて来たが、正確な用字例は、舞人の自ら諷誦する詞章である。