茶話ちゃばなし04 大正七(一九一八)年04 たいしょうしち(せんきゅうひゃくじゅうはち)ねん
2・16(夕) 栃木山の横綱初土俵入が、常陸山会の主催で、十四日午後二時から出羽海部屋で行はれた事は昨日の新聞に詳しく載つてゐた。 幾年かむかし、栃木山と一緒に附出しとなつて初めて土俵の砂を踏んだ力士 …
作品に特徴的な語句
見遁みのが びん 裸足はだし 伯林ベルリン 気儘きまゝ もと 反身そりみ もんめ 物識ものしり 金槌かなづち インチ 短冊たんざく 脇息けふそく 勿怪もつけ ちん 庫裏くり 身悶みもだ 秩父ちゝぶ 胡麻化ごまか 胡麻塩ごましほ 黴菌ばいきん 従弟いとこ 編輯へんしふ 樹蔭こかげ 閑暇ひま 戦争いくさ 護謨ごむ 請合うけあひ 白木しらき 腹癒はらい 馬子まご 市街まち くら 木挽町こびきちやう 洗濯せんだく かす 余裕ゆとり 居士こじ 窓硝子まどがらす 蒲鉾かまぼこ 大尽だいじん セント 小舎こや 貴郎あなた すゞき くは 逆立さかだち 座頭ざがしら 拳骨げんこ 其角きかく 広東カントン もず 剣呑けんのん 冤罪ゑんざい 書肆ほんや 悪戯者いたづらもの 大工シヤルパンチエー 杞憂きいう 伝手つて 伴天連ばてれん 台辞せりふ 姐御あねご 宝物ほうもつ 獣物けだもの 目論もくろ 居睡ゐねむ 手蹟 抵当かた 指頭ゆびさき たのし 女形をやま 常磐津ときはづ 末期まつご 荊棘いばら 駈落かけおち 妙齢としごろ 冥途あのよ 見計みはから 彼是かれこれ 刃傷にんじやう 得意はこ 牝牛めうし 突如だしぬけ 行脚あんぎや かつを 夜着よぎ 馬丁べつたう 爪立せだ 仕草しぐさ 面当つらあて 蠱惑こわく 可哀相かあいさう 知辺しるべ へた 関羽くわんう 鹿島かしま 石塊いしころ 気取けど 冬瓜とうがん
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)