茶話ちゃばなし04 大正七(一九一八)年04 たいしょうしち(せんきゅうひゃくじゅうはち)ねん
2・16(夕) 栃木山の横綱初土俵入が、常陸山会の主催で、十四日午後二時から出羽海部屋で行はれた事は昨日の新聞に詳しく載つてゐた。 幾年かむかし、栃木山と一緒に附出しとなつて初めて土俵の砂を踏んだ力士が十幾人かある。そのなかで、づば抜けて出 …
作品に特徴的な語句
ちやん ひねく ことは 微笑わらひ はた いぢめ つゝか びく はづ うち わて 家内やな ぢか しかつ おみ ざら しか 蹲踞つくば 穿はま 主人うちのひと 何処どつ じつ たつ ワイ あて 良人うちの 先刻きつき こら 主人たち 皇帝ツアール たづさ まぜ 態度しな ひと 小便しし ならはし ぢき 頭髪あたまのかみ としと うは でき そし 暖炉ストウヴ はづ 小便しゝ 旅人りよにん なか ちゆう あく ひね がよ まじは ひけ かへ ならは ぎき はゞかり 晩餐デインナー 女房かない 喋舌ぺちや 蹲踞かいつくば つか 機会きつかけ ぢゆう やにつ ぺら 習慣ならひ ぴど でか どや ぷち 充満くち こぼ むつか とつ 修繕つくろひ うち とめり しほ まし 尿しゝ 阿父おと 女房かみ たつ うつ くゝ あし おほ バツク めあは 発見めつけ 打毀ぶちこは
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)