“試”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ため36.2%
こころみ14.5%
こゝろ13.5%
こころ9.9%
こゝろみ6.3%
ためし5.3%
3.6%
3.0%
1.6%
1.0%
だめ1.0%
しら0.7%
テスト0.7%
あた0.3%
ここ0.3%
こころむ0.3%
ためさ0.3%
0.3%
はか0.3%
やっ0.3%
やら0.3%
ココロ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へエ——さうすると、何時か見たいに、食はず飮まずで、人間は何里歩けるか、お前にさせるんだ、てな事になりやしませんか」
子規が掲げた二句を見ても、すぐに自分を動かすのは、その中に無気味さである。に言水句集を開けば、この類の句はにも多い。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
如此き事をみし事なし、みて馬鹿気たる事をめたれば全然之を放棄せり、く事なり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
転輪王此玉をに高き挙著けるに、人民等玉の光りともしらず夜のたりとおもひ、おの/\家業をはじめけりとせり。
ブル/\えて居る新吉に構わず、細引を取っての柱へ結び付け、惣右衞門の側へ来て寝息をがって、起るか起きぬかに小声で
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
国は小さく、民はく、しかして残りし土地に荒漠多しという状態でありました。国民の精力はかかるときにめさるるのであります。
所有べました、堤防ました、それからも』として、ちやんにははず、『けどは!でもひだ!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
鶴しからば競争をって見ようと言うと蟹が応じたので二人一斉に一、二、三と言いって鶴が一目散に飛び出す
温は大中元年に、三十歳で太原から出て、始て進士のに応じた。自己の詩文は一寸をさぬうちに成ったので、隣席のものが呻吟するのを見て、これに手をしてった。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「ふ、ふん。くたばりいめ。急に気を変えやがったな。ようしッ、あとで一寸し五分試しだぞ。……じゃあお手元から先に洗おうか。やい金蓮」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ところが、参木はその贋金をもべないんだからね、全くこいつ、使い道のない奴だよ。」と甲谷はいった。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
貴方に、立派に及第遊ばしたのよ。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
や! 把手に手をかけたな、引っぱってる、ってみてるぞ! ははあ、さては奴さん、錠がおりてないつもりでいたんだな! してみると
ろみに綿入の背中をで廻してうと、はたしてどこも湿っていなかった。余はどうして一番上に着た護謨合羽と羽織だけが、これほどしく濡れたのだろうかと考えて、かに不審を抱いた。
三山居士 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
貫一はその相貌瞥見りて、ちに彼の性質をはんとるまでに、いと善く見極めたり。されども、いかにせん、彼の相するところは始に疑ひしところとる一致せざる者有り。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
死んでいるのかをんとする如く、つくねんとんでっている、天地皆死んだとき、宇宙は星の外に皆吹き払われて、空洞になってしまったとき、自分の眼は冴え冴えしくなり
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
一度門閥の味をめた奴は電信でないと世の中が渡れないと見えて、学校のおで不相当の位置を作つたものは再び女房のお庇につて位置を高めやうとする。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
「何、再度るまでだ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
て見ようかとも惑う程小さき胸のく、らるゝは此身の不束故か、此心の浅き故かと独りしゅう悩んでりましたに、あり難き今の仰せ、神様も御照覧あれ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ボスエルの『ジョンソン伝』に、ジョンソンわれ能くデンマーク語でホレボウの『氷州博物誌』の一章を暗誦すと誇るのでせて見ると、「第五十二章蛇の事、全島に蛇なし」とあるばかりだそうな。
スナワチ、高山山巓ニ於テ、米国ノ放送ヲ如何ナル程度ニ受信シ得ラルルカヲミンガタメナリキ。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)