犬物語いぬものがたり
俺かい。俺は昔しお万の覆した油を甞アめて了つた太郎どんの犬さ。其俺の身の上咄しが聞きたいと。四つ足の俺に咄して聞かせるやうな履歴があるもんか。だが、人間の小説家さまが俺の来歴を聞くやうでは先生余程窮したと見えるね。よし/\一番大気熖を吐かう …
作品に特徴的な語句
むり 可憐しほ けち 一寸ちよ かく けち ぞう がふ 偶然ふつ そろ ほん かは 家内うちゞう とん せゐ 沙翁シエークスピーア さき 面貌かほつき 女房かゝあ 歩行ひろひ 抵抗はむか なか ちやう 過失そさう めい 支那チヤン 勃然むき こぼ かま かこ 生白なまつちら ちつ 評判なだい うぬ 街路わうらい ひど 価値しんしやう 連中てあひ 迂闊うつか ところ えい 売女ばいぢよ 三歳みつゝ 欺騙ごまか 技倆はたらき 元来いつたい 道路わうらい おつ 這般かう まい 加之しか はゞかり いぢ 大洞おほゞら かな 喰付くらひつ づゝ 仰付あふせつ 伎倆うでまへ うご さだま 寛大おほめ 欺騙ごま やつ 尋常たゞ 気遣きづかひ 所為まね 理由いはれ しん 悉皆みんな 周旋とりも ばな 徒輩てあひ きつ えつきす 家禽にはとり いつ 生類せいるゐ 鼻頭はなのさき あひ 如何どう だね 笑止をか 帰途かへりみち 精々せつせ 平生ひごろ なす 当然あたりまへ やつ