“面貌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めんぼう41.2%
おもざし15.7%
おもて5.9%
おもわ5.9%
めんばう3.9%
かお3.9%
かおつき3.9%
ファシイス2.0%
おもばせ2.0%
おももち2.0%
かおかたち2.0%
かほかたち2.0%
かほつき2.0%
きりやう2.0%
きりょう2.0%
つらがまへ2.0%
つらつき2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面貌ほとんど生色なく、今にもれんずばかりなるが、ものに激したるなるにぞ、介添は心許なげに、つい居て着換を捧げながら
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「では訊くが、しきりに俵一八郎の身に近づこうとする者は、一体、どのような風采、また面貌など、しかと見届けておいたかどうじゃ」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
年紀は二十七八なるべきか。やや孱弱なる短躯の男なり。左視右胆すれども、明々地ならぬ面貌かに認め難かり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
冠者は悠然と立ち上がったが、そこでしく一礼した。美玉のような玲瓏たる面貌
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
抑も斯かる覆面は何の爲にゐらるるかとへば、故らに面貌を奇にする爲か他人に面貌を示さざる爲からざれば寒氣を防ぐ爲なるべし。思ふに第三種の用こそ此場合に於けるの用ならめ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
直接お客の面貌を見知った後お千代のこれに対する様子をはっきりい見る事を得たのは今度始めて妾宅へ引移ってからの事であった。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
飼われている一匹のもあって、田舎からの珍客をさもめずらしがるかのように、ちいさなからだと滑稽面貌とで廊下のところをあちこちと走り回っている。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
北部独逸の独逸貴族の家系にはいくらでも居り、また脳水腫患者には生き写しというのがよくいて、ダングリソンの医学では、「ナポレオン面貌」といって
フランス伯N・B (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
その排置の如きは、一に聽者讀者の空想にぬ。是に於いてや、我が説く所の唯一の全景は、人々の心鏡に映じて千樣萬態窮極することなし。人をして面貌を語らしめて聽け。
船室にりて憂目いし盲翁の、この極楽浄土仏性の恩人と半座を分つ歓喜のほどは、くもその面貌と挙動とにれたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今夜はい晩である。夢に現われた不動尊は、いまだに米友にはその心が読めない。今ここに現われた現実の人は、言葉こそ優しい女人であれ、その面貌は言わん方なき奇怪なものである。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
昨日こそ誰乎彼黯黮にて、分明面貌を弁ぜざりしが、今の一目は、も奇なりと思ふばかりくも、彼の不用意のに速写機の如き力を以てして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さて犬族一統の中で、此「ドール」君の風丰を最も能く伝へてゐるは我々日本犬だよ。耳から尻尾の具合、面貌までが頗るておる。殊に勇武絶倫、猛獣を物ともせざる勇敢の気象が丸出しである。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
すつきり端然と構へたる風姿と云ひ面貌といひ水際立つたる男振り、万人が万人とも好かずには居られまじき天晴小気味のよき好漢なり。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
すっきり端然と構えたる風姿といい面貌といい水際立ったる男振り、万人が万人とも好かずには居られまじき天晴れ小気味のよき好漢なり。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
とて越中でゝくニヤリとひ、さし鼻油て、しつぺいんと歯噛をなし立上りし面貌——と云々てこそ鬼神勇士力較べも壮大ならずや。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かゝる人なりければ其面貌も恐ろしげに荒びてなどの如くなりけむ、孔子も貌を以て人を取りつ之を子羽に失しぬと云ひ玉へり。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)