五重塔ごじゅうのとう
其一 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳作りの長火鉢に対ひて話し敵もなく唯一人、少しは淋しさうに坐り居る三十前後の女、男のやうに立派な眉を何日掃ひしか剃つたる痕の青〻と、見る眼も覚むべき雨 …
作品に特徴的な語句
眷属けんぞく たが かんな ます なみ 肌理きめ 唐桟たうざん 一期いちご ひよ 下卑げび 布子ぬのこ 庫裏くり 閑暇ひま 捗取はかど くさび 忿怒いかり 巍然ぎぜん 大胡坐おほあぐら 一室ひとま 栄螺さゞえ 瞰下みおろ みどり 齟齬くひちが 猿臂ゑんぴ 愚昧おろか ねぎ 両人ふたり 親切なさけ 伝播ひろま 眺望ながめ 丁子ちやうじ 此度こんど 老耄おいぼれ 冥途よみぢ 白檀びやくだん 七歳なゝつ 涅槃ねはん くだ 魂魄たましひ 太息ためいき とり 床板とこいた 紺屋こうや 木偶でく すゝ 名誉ほまれ 犢鼻褌ふんどし 舎利しやり 隠蔽かく 知悉のみこま 珠数ずゞ すね すな 肥料こやし 吩咐いひつ 麝香じやかう 断念あきらめ 爾時そのとき 不在るす 其夜それ 指揮さしづ さび ひら 魯鈍おろか 鼾声いびき 恥辱はぢ 電光いなづま そへ 瞋恚しんい 乳房ちゝ 快楽たのしみ 平伏ひれふ 仕遂しと 報酬むくい 仮声こわいろ 喜悦よろこび 手斧てうな 濁声だみごゑ 素破すは 幾分いくら みだ 愚鈍おろか 誰何たゞ 両手もろて 我家うち 無益むやく 疑惑うたがひ 噴飯ふきだ はなし 五月さつき 依怙贔屓えこひいき 含嗽うがひ 委細くはし たま 羽目板はめ 飜然からり 柔順すなほ
題名が同じ作品
五重塔 (新字新仮名)幸田露伴 (著)