五重塔ごじゅうのとう
其一 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳作りの長火鉢に対ひて話し敵もなく唯一人、少しは淋しさうに坐り居る三十前後の女、男のやうに立派な眉を何日掃ひしか剃つたる痕の青〻と、見る眼も覚むべき雨後の山の色をとゞめて翠の匀ひ一しほ床しく …
作品に特徴的な語句
てめへ やつ おやぢ ちつと へい おめ じろ かう わつち ふい そゞろ 化粧しまひ かへ やさ ちゞこ どれ おまへ あは はぐ 汝等そなたたち 一寸ちよと 性質もちまへ 関係かゝりあひ はぐ ひと 衣服べゞ くすぼ わなゝ 直接ぢき おゝ つひや 女房かゝ もはや ちつと 退 たつ 歔欷しやくりあげ をか はよ 湿うるみ 面貌きりやう わたし よき わか むかう むかう さき きや 全然さらり そなた てん ひえ さゝ ばや とこしな いけ へゞ とつく ぴん ちつと なさ まだ 便すべ 其様そのよ うづ づか むか くだ つゝし しか 憫然かはいそ うるは 小童わつぱ ある でき あだ 注意こゝろぞへ ゆら だち つま いだ 可憐あはれ 打付ぶつけ すぼ でか 侠気をとこ みづ 酔漢よつぱらひ 過般このあひだ あげ くだ きさま はい ゆるや
題名が同じ作品
五重塔 (新字新仮名)幸田露伴 (著)