“遣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
60.5%
つか22.4%
つかわ3.5%
よこ3.3%
づか1.8%
つかは1.4%
やっ1.2%
やり0.9%
おく0.8%
やら0.5%
やッ0.3%
0.3%
やる0.3%
0.3%
0.3%
やつ0.2%
やろ0.2%
ちゃ0.2%
つかい0.2%
つかひ0.2%
づかい0.2%
のこ0.2%
やれ0.1%
ツカハ0.1%
つかう0.1%
つかはし0.1%
つけ0.1%
つけえ0.1%
つこ0.1%
づかひ0.1%
また0.1%
やらう0.1%
やらか0.1%
やツ0.1%
オコ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、それが無謀な、不可能な、ただ快を一時にる方法であることは、誰にもわかっていた。隣藩の亀山も、津の藤堂も勤王である。
乱世 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そして後ではたまらない淋しさに襲われるのを知りぬいていながら、激しい言葉をったり、厳しい折檻をお前たちに加えたりした。
小さき者へ (新字新仮名) / 有島武郎(著)
権力に名をかり一事務員をして執達吏の如き態度で私に辞表提出を強要するが如きことは、許すべからざる無礼であると私は思う。
文太郎は大概の出來事は時々した春三郎の手紙で知つて居たが、固より最近の出來事であるちびの病氣の事は知る筈がなかつた。
純粋に精神的であるにせよ(そんな表面的な区別は私には本当は通用しないが、仮りにある人々の主張するような言葉いにならって)
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
致して見ん夫に就て急々古河相談なしものなれども外の人をしては事のるまじければ詮方なし我古河へ行きて吉右衞門殿に面談
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
犬を利用する外無いからく行けば詰る所君の手際だ、犬に目を附け初めたのは君だから、夫にしてもて見るまでて居たまえ
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
大岡殿聞れ大分其方は神妙者と見える昨年より當年へかけ傍輩を取てりしと云ふ者か又は不首尾にてしとか何か五兵衞方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『万葉集』の有名なる一例は、いわゆる東歌ではあるけれども、「ニフナミにせをりて」とあって、「にひなめ」とは無い。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
るも二君に仕へぬ我魂魄武士の本意と思へどもにあぢきなき浮世かなと一人涙を流したるりの心の中思ひれてれなり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「飛んでもない、いまは落人だ。——ああ、いものがある。別嬪従妹骨瓶です。かりに小鼓と名づけるか。この烏胴つけよう、不可いかな。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
佐保川の水をき入れた庭の池には、り水傳ひに、川千鳥の啼く日すら、續くやうになつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
しける妾々も同樣にて末代までも家名のれ娘持身は殊更に婿へるか嫁にねば成ぬはれし日より知てを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「いやいやめ立てではない。——そのとやら、おもしろそうな奴。徒然の話し相手には、ちょうどよい。菓子でもらせよう。これへ、呼んでおくれぬか」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こちらの文のお返しに、白紙などこされて、なんとも小憎い一座ではある。このまま黙って引っ込んでいては、愈〻、あの公達輩をよい気にさせて置くようなもの。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しありしかば甚兵衞勝手はて覺え居れば今日こそ好機なれと裏口り水口をて見ればの如く掛錠けざる樣子故シテたりとと入り居間箪笥
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だから私しが余物うとして居ると丁度其時藻西が階段の所から口笛で呼ましたから犬は泡食て三階へ馳上ッて仕舞ました
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
さてって置く訳にいかないものですからまずその婦人をよくめてまあ静かに寝さしてしまうような方法を取りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
伊沢の門下で枳園楊庵の二人は一双の奇癖家として遇せられていた。声色軽業師も、共に十七歳の諸生であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
此人共私しの咄しおもしろがり、妻をあいして度々をおこす。此人ハ曽て中川宮の姦謀を怒り、これおさし殺さんとはかりし人也。
月の初めと半ばとの二度に分けて、半月に一円ずつの小を渡すのを私の家ではそう呼んでいた。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
跡にったのは未亡人安四十四歳、長女二十一歳、次女十九歳の三人である。五百は台所町の空地に小さい家を建ててこれを迎え入れた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
聞て尋常の手紙にては手前も一主人容易に出て來る氣遣はないと思ひしゆゑ我等が謀計にて九死一生なりと云てば如何に遠國にてもに寄たら來るべしと思ひての事なりしが
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
飛鳥の御世の、貴い御方が、此寺の本尊を、お夢に見られて、おん子をされ、堂舎をひろげ、住侶の数をおしになつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其夜も白々と明渡りけるに大勢の客人共は皆々一同に起出手水ゆゑ後藤半四郎も同じく起出手水
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
付込役人と相成三吉小猿を目明となし私儀は御役人のにて夫婦を召捕金子三十七兩を出させ其場を見遁申候其後十二月初旬手下の者を原澤村の名主方迄樣子
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
伴「それじゃアあすこの三畳の畳を上げておえなせえ」
一角とか云う剣術が居て其の嫁子に惚れた処が、思う様にならねえもんだから、剣術遣の一角が恋の遺恨でもってからに此の人の兄さんをぶっ斬って逃げたとよ、其奴に同類が一人有って
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それを、今となってまで、これ以上、何をっていらっしゃいますか。あれもこれもと、気ばかりうていたら、起つ日は参りますまい。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
うもい所を」と代助もから表立た言葉をしなければならなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
といふに女子は御酒代御旅籠とも二貫七百文なりと書付を出すを半四郎は受取て彼曲者に向ひ貴樣は懷中財布に金があるべしへ二分出せ其替りは命は助けてと云を聞き曲者は横着氣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
... したから仕方が無い、其方は自分の右の手で直に老人の手を取たから老人の左の手であの文字を書せた事に成て居る」此評を聞き生田は驚きて飛上り「何と仰有る、 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「いや、お前様手近ぢや、掻立つてひたい、いとしからぬぢや、此処等から一野面つけやう。」
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
に其御祖命哭き患いて、天に参上りて、神産巣日之命に申給う時に、乃ち𧏛貝比売と蛤具比売とをせて、作り活かさしめ給う。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)