“懷中”のいろいろな読み方と例文
新字:懐中
読み方割合
ふところ82.7%
くわいちう14.7%
くわいちゆう2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へツ、そのたしなみ、生憎、懷中に三日と逗留したことはありませんよ、空つぽになると、紙入ほど邪魔なものはありやしません」
勿論留守つてしたのであつたが——つて紫星堂)をたといて、その時々弟子懷中見透しによくる。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宜道です」とへた。宗助ろいたが、しくもあつた。すぐ懷中から紹介状してすと、宜道ちながらつて、した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)