“宗助”の読み方と例文
読み方割合
そうすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此日宗助もとつて電車つた。日曜好天氣にもらず、平常よりは乘客ないのでになく乘心地かつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
宗助鍬をかたにかけ
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
梯子細長つたり、ペンキの一枚板模樣畫色彩こしたりしてある。宗助はそれを一々んだ。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)