“拘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かかわ45.4%
かか25.4%
かゝは10.3%
かゝ9.9%
こだわ3.0%
かかは1.8%
こだ1.6%
かゝわ1.0%
とら0.4%
こだは0.4%
かかずら0.2%
かかつら0.2%
かま0.2%
かゝづら0.2%
こう0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いろいろ不都合なことがあるにもらず、小栗桂三郎は自殺して果てたと、警察も世間も信じ切ってうのも無理のないことでした。
流行作家の死 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
両性の関係はかくの如く重つ大なるものあるにわらず、古来この問題が如何ほど研究されたかというに、だ怠られて来て居る。
婦人問題解決の急務 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
此日宗助もとつて電車つた。日曜好天氣にもらず、平常よりは乘客ないのでになく乘心地かつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
も焼いてしまうべえと思ったが取ってありやすから、これを表向にすれば貴方のお役にもわるから、何にも云わずに帰って下せえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
歌よみは文法だの語格だの詠み方だのと、から威張に威張り、ひたりに拘りて、無趣味なる陳腐なる歌のみを作りしにあらずや。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
あのます紙鳶を買ふには、この十倍ものおが必要であるといふことを。しかし、それにもらず、栄蔵の心には希望の泉がき出した。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
それが単にアラビヤの国名のみならば、まだしもそれに多くわることは滑稽かも知れない。兄は長々と呟いたではないか。
にもらず滋幹は、ひそかに敦忠の人柄に好感を抱き、蔭ながらその人の幸福を祈りつゝ、常にその行動を見守っていたのであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
記の此処の文が妙にれて居るので、清宮秀堅は、将門の妻は殺されたのでは無くて上総はれたので、九月十日になつて弟のによつて逃帰つたといふ事に読んでゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
この時姫の態度に心をつくるに、きのふ芝居にて思ひしとは、甚しき相違あり。その家にありてのさまは、世を面白く渡りて、物にることなき尋常の少女なり。
あたかも感覚が鈍くなったようで、お政が顔をめたとて、舌鼓を鳴らしたとて、その時ばかり少し居辛くおもうのみで、久しくそれにってはいられん。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
かくして彼の心にふ事あれば、ら念頭を去らざる痛苦をもその間に忘るるを得べく、より彼はを知らずして邪を為し、を喜ばずしてを為すものにあらざれば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
前の四頭わねえから新宿の問屋場へり込んで、このから尻だけは今夜のうちに、江川の邸へ着けてえんだ、よろしく頼むぜ
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
今までは瑣々たる問題にも、極めて丁寧にいらへしつる余が、この頃より官長に寄する書にはりに法制の細目にふべきにあらぬを論じて、一たび法の精神をだに得たらんには
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その下部に横出せる枝にはあり。刺はすなわち小枝の短縮せるものにして多少逆向し人衣をして甚だ煩わし。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)