少将滋幹の母しょうしょうしげもとのはは
此の物語はあの名高い色好みの平中のことから始まる。 源氏物語末摘花の巻の終りの方に、「いといとほしと思して、寄りて御硯の瓶の水に陸奥紙をぬらしてのごひ給へば、平中がやうに色どり添へ給ふな、赤からんはあへなんと戯れ給ふ云々」とある。これは源氏 …
作品に特徴的な語句
たきもの おゝ 祖父おゝじ たはぶ ごゑ おのゝ いさゝ おゝ あり あふ しゅっ さきの けがら ろう ひやゝ 大方おゝかた おゝかみ かゝわ しょ たなごゝろ まさ ようよ あまがけ つかは 九重こゝのえ 棟梁むねやな やぶさ かん 我家わいへん そく 尿にょう 児女ぢじよ ぞう ぎょう かつ じん いづく 何卒どうそ やす こう こう そち 蒼々さうさう はず はゞ 別業べつぎょう 左右さう かたじけの かゝ 冥官みょうかん くちなわ 逍遥せうえう こうべ まな すご たゞ そら くしけづ つまびら 大凡おゝよ こう うえ あや 朝餐てうさん 調とゝの かつ いち 所作しぐさ きわ ゆだ ふく まつ 主殿あるじどの 大臣おとゞ ざま おとしい つゝし くみ わづら こが 闖入ちんにゆう 点頭てんとう 粗相そゝう 灯先ほさき はず