“卒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
40.3%
そつ8.4%
おわ5.9%
5.9%
には5.0%
5.0%
いざ5.0%
しゅっ4.2%
にはか2.5%
しゆつ2.5%
しゅつ2.5%
にわか1.7%
おえ1.7%
つひ1.7%
をは1.7%
おは0.8%
そっ0.8%
0.8%
つい0.8%
ひき0.8%
ツヒ0.8%
ニハカニ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時の君は早や中学をえようとするほどの立派な青年であった。君は一夏はお父さんを伴って来られ、一夏は君りで来られた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼女の手にかかると、毎日のけものの色にも水々した生彩があり、や野菜ものの目利きにもがなかった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
何んでもこれを四年で卒業する仕組みになっていたようだが、私は下等一級をった時小学校が嫌になって自分で退校してしまった。
二人は稍得意な笑顔をしてき合つた。何故なれば、二人共尋常科だけはへたのだから、山の字も田の字も知つてゐたからなので。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
君もかに金なくてかなはぬ時、餘所にてそを借り給はば、二割三割などいひて、しき利息を取られ給ふべし。さる時あらば、必ず我許に來給へ。
彼は美校をて、朝鮮で教師をしていたのだが、そこで喀血すると、すぐ休暇をとって、来た、というけれど、今はもう殆んど平熱になっていた。
と云ふ場で貴方の腕が鈍つても、決して為損じの無いやうに、私刃物をお貸し申しませう。さあ、間さん、これをお持ち遊ばせ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「此席は機密な軍議の場である。信玄公するの時、武田家の軍機は我等四人内密に行うべきを遺言された。この大事の席に何事だ」
長篠合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
書斎に掛けたる半身の画像こそその病根なるべきを知れる貴婦人は、空目遣して物の思はしげに、例の底寂打湿りて見えぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
六年後、宗全と勝元相次いでし、義政もまた職を義尚に譲つたが、両軍は、尚ほ相対峙して、容易に戈を納めなかつた。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
加藤式部少輔明成は、父嘉明家督をついでから九年目になる、評判のよろしくないこの人は、四十万石の家中河村権七堀主水かといわれたほどの名臣、主水を憎んでいた。
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
子澄が曰く、らず、燕はめ備うること久しければ、に図り難し。しく先ずを取り、燕の手足り、して後燕図るべしと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
主人公の親友が学業のるを待たずして独逸に遊学する談話とを以て局を結んでいる。
上野 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
(四四)七十(四五)仲尼顏淵(四六)め、むとす。れども(四七)屡〻しく、糟糠にだもかず、して(四八)蚤夭せり。
一時の現象を罵り、政治くは社界の汚濁を痛罵するを以て諷刺家のれる者とは非にして、一時の現象を透観するの眼光は、万古の現象にも透観すべきなり。
一方に凡愚の輩が、詰らぬ事さへ能く出來ぬのは、即ち何も出來ずにる所以なのである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
太宰少弐小野老朝臣の歌である。は天平十年(続紀には九年)に太宰大弐としてしたが、作歌当時は大伴旅人が太宰帥であった頃その部下にいたのであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
葡萄大谷の弓掛部落、その部落の百人、紋十郎が一味を引きれてだだら遊びをしているのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
景隆は召還されしが、黄子澄練子寧は之をせずんば何を宗社に謝し将士を励まさんといしも、帝に問いたまわず。燕王は済南を囲むこと三月に至り、すことわず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
狭手彦の軍をひて、任那を鎮め、また高麗ちしことはに見ゆ。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
昔日ハ即根津権現ノ社内ニシテ而モ久古ノ柳巷ナリ。ニ天保ノ改革ニ当ツテ永ク廃斥セラル。
上野 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
辞狗難。有十銭一疋。蓋人中最下之種、屠死牛馬、為食者也。
エタに対する圧迫の沿革 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)