松浦あがたまつらあがた
「黄櫨成列隴※間南望平々是海湾未至栄城三五駅忽従林塍得温山。」 とはこれ頼山陽が「見温仙岳」の絶句——この詩を誦し去りて、われらは先づ肥前の国に入る。「温泉はちまき、多良頭巾」といふこと、これをその国のある地方にて聴く、専ら雲の状を示せるも …
作品に特徴的な語句
みだ ひき つつま サガ かみ すみやか たてまつ いる あたは かりたて きはま きづ まつろ なほ ありさま まじは むづ のが あたか おも 罅隙ひま をさ をは まよ ひそか 精霊しやうりやう 温泉うんぜん いば にはか しじま をさま あやまつ かつ こころ もつとも しる うご すくな ひそ かうべ たかんな さかり いにしへ いかづち ひた おほ 絶巓いただき たぐ はなは さなが たのしみ なが 律調リズム 徜徉しやうやう 蓊鬱をううつ のびや とど およそ なんぢ かぎ 霊魂たましひ 可也かや こまや 精舎しようじや いま やや 寵姫ちようき つね いただき 欄干おばしま いつ さをさ 罅隙こげき 後景ばつくぐらうんど 悵然ちやうぜん さかひ ことわり 窯業えうげふ 玄昉げんばう ともしび 点綴てんてい そゝ いさご 水銀みづがね たふ かぢ 朝廷みかど われ ふみ 羊腸やうちやう かけ 聳動しようどう 迷妄まよひ 干戈かんくわ つと