“徜徉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さまよ66.7%
ぶらつ8.3%
しょうよう8.3%
しやうやう5.6%
うろつ2.8%
さまよう2.8%
ふらつ2.8%
ぶら2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かかる折から、柳、桜、緋桃小路を、かな日にと通る、と日光に、何処ともなく雛の影、人形の影が徜徉う、……
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すると文庫が創刊されてから二、三カ月目、ふと或る夕方中坂上を徜徉いていると、偶然見附けたのが硯友社の標札であった。
アレほど我を忘れて夢幻に徜徉するような心地のしたのはその後にない。短篇ではあるが、世界の大文学に入るべきものだ。
露伴の出世咄 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
出でて裏浜(唐津町の)の真砂の上に徜徉の歩を移せば海上呼べば応へんとすばかりなる鳥島より右に後ろにさけて高島はその名のごとくそばだち
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
音楽家はモツアルトの楽譜でも踏むやうな足つきをして、歩廊をあちこち徜徉いてゐた。
貸小袖に魂が入って立ったとも見えるし、行燈のうた裲襠に、蝴蝶が宿って、夢が徜徉とも見える。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の植込を徜徉いてゐる時、青白い梔子の花蔭に、女郎蜘蛛が居睡りをしてゐるのを見つけでもすると、真つ青になつて、抜脚して逃げ出したものだ。
以前は、樣子もこんなではかつた。涼風時分でも、團扇片手に、手拭げなどして、派手浴衣が、もつと川上あたりまで、をちらほら徜徉ついたものである。
月夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)