硯友社の勃興と道程けんゆうしゃのぼっこうとどうてい――尾崎紅葉――――おざきこうよう――
震災で破壊された東京の史蹟のその中で最も惜まれる一つは馬琴の硯の水の井戸である。馬琴の旧棲は何度も修繕されて殆んど旧観を喪ってるから、崩壊しても惜くないが、台所口の井戸は馬琴の在世時のままだそうだから …
作品に特徴的な語句
素足すあし 公達きんだち もとめ あと 錦絵にしきえ 披瀝ひれき 凋落ちょうらく 飛白かすり 首途かどで 度毎たんび 浮世うきよ 韜晦とうかい 喊声かんせい 本郷ほんごう 章魚たこ 梶棒かじぼう 目貫めぬき 忌憚きたん 内輪うちわ 途絶とだ 冥土めいど 勃興ぼっこう がん 稀薄きはく 胡座あぐら 路次ろじ 無沙汰ぶさた 脂下やにさが 天秤棒てんびんぼう 関聯かんれん 威丈高いたけだか 初陣ういじん 外道げどう 杜鵑ほととぎす 馬琴ばきん 廃頽はいたい 書肆しょし 鼻唄はなうた 小皺こじわ 稚児ちご 意嚮いこう 早稲田わせだ 骨董屋こっとうや 神保町じんぼうちょう 万更まんざら 垢抜あかぬ 外様とざま 陋巷ろうこう 漠々ばくばく 瞑想めいそう 弱音よわね 後影うしろかげ 鰹節かつおぶし 犢鼻褌ふんどし 化物ばけもの 手狭てぜま 推敲すいこう 狷介けんかい 都々逸どどいつ 弛緩しかん 沈着おちつ 悶々もんもん 呵々からから 風丰ふうぼう 崛起くっき 揣摩しま 胡椒こしょう 訣別わかれ くすのき 絶間たえま なか 拮抗きっこう 駄洒落だじゃれ 招聘しょうへい 口調くちょう 後裔あと 懶惰らんだ 揮毫きごう 三馬さんば 京伝きょうでん 金色夜叉こんじきやしゃ 粉本ふんぽん 今様いまよう 精々せいぜい 蔦屋つたや 伝馬町てんまちょう 硯友社けんゆうしゃ 旗幟きし 塩煎餅しおせんべい ちょう 釣合つりあ 棺桶かんおけ 一葉いちよう 十月とつき 暗黒くらやみ 書棚しょだな 稗史はいし 戯作者げさくしゃ