硯友社の勃興と道程けんゆうしゃのぼっこうとどうてい――尾崎紅葉――――おざきこうよう――
震災で破壊された東京の史蹟のその中で最も惜まれる一つは馬琴の硯の水の井戸である。馬琴の旧棲は何度も修繕されて殆んど旧観を喪ってるから、崩壊しても惜くないが、台所口の井戸は馬琴の在世時のままだそうだから、埋められたと聞くと惜まれる。が、井戸だ …
作品に特徴的な語句
たてま 周章とっちら 徐々もろもろ ほん くさ べり 所以わけ 相対むかいあ こぼ ちっ そしり 不快わる かた おろ 他事ひとで 尋常なみなみ ばり まどか 所詮どうせ 私語ささめ とどま まね ふり さしせま あず じゅう ふとこ 真向まむか あた あや 何処どっ 清朝せいちょう とこ おの きり 阿婆ばあや かたわ なが ぬき あん 相対さしむか した 洒落しゃらく 散策ぶらつ ちぎ とっ たぐ かりそめ こう こう のぼ こた 穿 よこ ばなし かたじけの あた 心遣こころやり 出来でけ ごく すさ くるし つい かげ りき しち なまめ ひっ つい つま あなが 後裔あと 邂逅であ こが やっ ぶん やさ 顧盻ふりむ でっ はかりごと あやま かか つま したし あらた よっ はず 先駈せんく