“挺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょう71.7%
てい8.3%
ちやう6.7%
てこ5.6%
ぬき4.4%
てう1.1%
ぬきん1.1%
ちよう0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紺屋じゃあねえから明後日とはわせねえよ。妓衆たちから三ばかり来てるだ、もうくに出来てるだろう、大急ぎだ。」
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
またたとい剣をし、を揮うてこれに抗敵するも、また必ず現今の洪水は一層の猛勢を激してここに赴かしむべしと信ずるなり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
草刈鎌の一や二どうするもんぢやない、あつちへつてでもつてさあ」内儀さんのもとにはかなひがんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そして角燈を地上に置くと、石の端の下への先を押入れて、其石を擡げ始めた。石が自由になると彼は更に寄生植物を取除けにかゝつた。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
どの道、春廼舎の『書生気質』や硯友社連の諸作と比べて『浮雲』が一頭んずる新興文芸の第一の曙光であるは争う事は出来ない。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
から長家の者が五六人いて出かけましたが、お寺は貧窮山難渋寺ふので、本堂には鴻雁寺が二つてる。金
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
何方付かずに真中へ立って、煮え切らずに前進する事は容易であった。けれども、今の彼は、不断の彼とは趣を異にしていた。再び半身を埒外でて、余人と握手するのは既に遅かった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この砥石が一ありましたらあ、今までのよに、じゃあ、湯水じゃあとウ、騒ぐにはア及びませぬウ。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
濃緑の松の葉の傘は、大概楢よりも高くき上つて、光線を容易にしさうもなく、大空にひろがつてゐる、森の中をさまよひながら、楢の葉の大波をき分けて行くと、方々にこの黒松の集団が
亡びゆく森 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)