註文帳ちゅうもんちょう
剃刀研十九日紅梅屋敷作平物語夕空点灯頃 雪の門二人使者左の衣兜化粧の名残 剃刀研「おう寒いや、寒いや、こりゃべらぼうだ。」 と天窓をきちんと分けた風俗、その辺の若い者。双子の着物に白ッぽい唐桟の半纏、博多の帯、黒八丈の前垂、白綾子に菊唐草浮 …
作品に特徴的な語句
くん ひと つか ねん てつ なっ ばたらき はしり あっし 上面うわづら 泥濘ぬかぬみ じか くずれ ぬぐい うち ぶっ てめえ おど わき てあい いい だて きまり とこ しごき わっし 別荘おしもやしき つくば おろ びき あったか 端然ちゃんと あぶね じき そら 父親ちゃん 退すさ うしろ いで あゆみ さかしま じじ まい おッ さが 父様おとっさん すず あかり ゆびさし さみ まわり もた 不可いけね いら はたき やぶれ あつかい そく おら へえ 輿みこし 音信おとず よけ とっ 憂慮きづかわ ちり ちゅう ことづか 一片ひとつ とおり 什麼そもさん のみ とこ ささ あきらか けし かつ つかま ぬか あかる きれ たなそこ 提灯かんばん いわく ふり めえ きもの 一時ひとしきり ほどこし ばい がき だんま ことば