“払”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
はら54.6%
はた18.0%
ぱら8.8%
はらい3.6%
はたき2.6%
はらひ2.6%
ばら2.6%
ばらい1.5%
はらっ1.0%
はろ1.0%
ハラ1.0%
0.5%
0.5%
はらわ0.5%
ぱらい0.5%
ぱらひ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丸太を立てて、そのいちばん下を力いっぱいったのと変わらない。モンクスは自分の足を上に、ずでーんとたたきつけられた。
柔道と拳闘の転がり試合 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
雪洞を取ってに退座す。夫人長煙管を取って、く音に、図書板敷にて一度まり、直ちに階子の口にて、を下に、壇に隠る。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さらに下のほうでは、ったキャベツが、驢馬の耳を打ち振り、上気せたが、互いに鉢合せをして、種でらんだ丸い実を砕く。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
今思えばれは茶屋でもトックにて居ながら黙って通して、実はその盗品の勘定もの内に這入て居るに相違ない、毎度の事でおりの盗坊だから。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
あとへもう一度を掛けて、縁側をき直そう、と云う腹で、番手桶に水を汲んで控えていて、どうぞ御安心下さいましッさ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「いけません。おでなきやアあとへおンなさい。」とおつしやつた。先生をしてぼんやりつてたがしむきになつて
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
種吉の手に五十円の金がはいり、これは借金いでみるみる消えたが、あとにも先にもまって受けとったのはそれきりだった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
にいう。好景気の時は、山で職人が一本十七銭まで上った由、丁度今の倍額である。それはいうまでもなく大正七、八年の頃である。
野州の石屋根 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
しそれをめればり飛ばすと云うから、誰も怖がって咎める者はない。町の者は金をて行くに、士族は忍姿で却て威張這入る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
落ち着きてなさって「会わんといたかてどうせ疑がわれるぐらいなら、会うた方がしや思てん。」「何で僕に内証でそんなことした?」
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
獏は、凶夢を喰はせる為であるから、「夢へ」又は「夢へ」の符と考へられて居たに違ひない。一代男を見ても、「夢違ひ獏の」と宝船とが別物として書かれて居る。
古代生活の研究:常世の国 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
雪をいていた者は雪払める、黄色い真綿帽子を冠った旅人の群は立止る、岩村田の馬車の馬丁蓙掛の馬の手綱を引留めて、身を横に後を振返って眺めておりました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
御伺いすると、あの場合御難儀たのは、矢張りあの御神剣のおだったそうで、ゆるがその御鞘われると同時
手の汗を、ずぼんの横へりつけて、清めた気で、くの字に腕を出したは、短兵急に握手のか、と見ると、がぬ黒髪に自然四辺れて
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「霞のか。哲学者は余計な事を考え込んでい顔をするから、塩水の酔っ払だろう」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
街灯のつてゐない真ツ暗がりに、Kは自分の鼻先にのひよろ高い男が立塞がつてゐるのを見たので、がよくするやうにKは丁寧に帽子を取つてお辞儀をしたが