“蓙掛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ござが50.0%
ござがけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、目ざとくも遠くから蓙掛けの幌馬車を見つけた叔母さんは、はやくも其処へ帰つて来てゐた。
雪をいていた者は雪払める、黄色い真綿帽子を冠った旅人の群は立止る、岩村田の馬車の馬丁蓙掛の馬の手綱を引留めて、身を横に後を振返って眺めておりました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)