“幌馬車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほろばしゃ63.6%
キビートカ18.2%
マアチヤ9.1%
ほろばしや9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喪布を張った幌馬車が一つそのあとに続いて、白い法衣を着た一人の牧師と、赤い帽子をかぶった歌唱の一人の子供とが乗ってるのが見えた。
幌馬車が堰の上へあがると、イワン・フョードロヸッチの眼には、懐かしい茅葺きの古びた家や、いつか彼がこつそり登り登りした林檎や桜桃の樹が見えて来た。
枯野行く幌馬車の軋みきこえゐて春浅きかなや砂塵あがれり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
屋台は屋台の上に重なり、泥濘のひどい道を、幌馬車の列がつながつてゆく。
田舎の時計他十二篇 (新字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)