“半蓋馬車”の読み方と例文
読み方割合
ブリーチカ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そら、馬車が来ましたよ、そら、馬車が!」とチチコフは、ようやく自分の半蓋馬車がこちらへやって来るのを見ながら、叫んだ。
そうこうするうちに半蓋馬車はいよいよ寂しい街から街を通り抜けて、やがて市街もこれで終りらしく、木柵だけが長くつづく傍らへと出た。
「僕が別の半蓋馬車を君にやるよ。さあ物置へ一緒に来たまえ、そいつを君に見せるからさ! 塗替さえすりゃあ、素晴らしい馬車になるぜ。」