死せる魂しせるたましい02 または チチコフの遍歴 第一部 第二分冊02 または チチコフのへんれき だいいちぶ だいにぶんさつ
だらだらと退屈な長の道中のあいだ、寒さや、雪融や、泥濘や、寝ぼけ眼の宿場役人や、うるさい鈴の音や、馬車の修理や、啀みあいや、さては馭者だの、鍛冶屋だの、その他いろんな街道筋の破落戸どものためにさんざん悩まされた挙句、やっとのことで旅人の眼に …
作品に特徴的な語句
かた 給仕ポレオイ 人間やつ ぱた かた 態度ざま 容易らく ほら かんば 良人たく はた 妖女ウェージマ あし 街路おもて たち 夫人ひと 馬車くるま ひと どや 故障さわり 地下した 地方ところ しも 交換とりか かぶり 面相つら 調子しらべ 液汁みず ばら 死人ほとけさま 松林はやし 動作ものごし 微笑わら ひと 淫婦コケット とと こうべ 腫物おでき 短刀ドス あや あれ 姿形なり 大嘘おおぼら 外方そっぽう けし 麻布あさ 理解のみこ 寡婦ごけ 白墨チョーク 理由いわれ 会得のみこ 場所ところ 目的あて 肩掛ショール うずた とく 心臓むね 煖炉ペチカ たけ 長身のっぽ うぬ ひも 食事めし きた 頭布プラトーク 利益ため ぶち 語尾しまい 梵妻おだいこく 精霊すだま 最初はな たか 整然きちん 車輪くるま 仔羊キッド 通称とおりな 金子かね 蹄鉄かなぐつ まなこ ほて 温和おとなし 長鳴とき しもべ 流行はやり ひと 光彩あや 竦然ぞっ あた ゼロ 土地ところ 恍惚うっとり 蒼色あおざ 仮睡まどろ
題名が同じ作品