“流行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はや74.5%
はやり16.8%
りゅうこう2.4%
りうかう1.8%
ばやり1.0%
はやつ0.6%
はやる0.4%
ばや0.4%
ファッション0.4%
りゆうこう0.3%
はやっ0.3%
はやら0.3%
はヤ0.1%
マトロン0.1%
モウド0.1%
モオド0.1%
モード0.1%
ヴォーグ0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不動様は今日でもそうであるが、その頃は、一層成田なりたの不動様が盛んであったもので、不動の信者が多い所から自然不動様が流行はやっている。
「近頃これがまた自棄やけ流行はやるんだってね——総領は尺八を吹くつらに出来、ってね——川柳点せんりゅうてんにはうまいのがあるよ」
抱一はういつ近來きんらい流行はやりませんからな」とながしたが、じろ/\御米およね姿すがたながめたうへ
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
物干には音羽屋格子おとわやこうしや水玉や麻の葉つなぎなど、昔からなる流行はやりの浴衣が新形しんがたと相交って幾枚となく川風に飜っている。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そしてすこし注意ちゅういすると、世間せけんではいつからか、らんが流行りゅうこうしていて、玩賞がんしょうされているのにづきました。
らんの花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
いくら流行りゅうこうおくれなふうはしていても、それがために、王女の美しさにも、かわいらしさにも、いっこう、かわりはなかったのですからね。
眠る森のお姫さま (新字新仮名) / シャルル・ペロー(著)
近頃ちかごろ東京とうきやうける、あるひ日本にほんける麻雀マアジヤン流行りうかうすさまじいばかりで
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
今年ことし三月さんぐわつなかばより、東京市中とうきやうしちうおだやかならず、天然痘てんねんとう流行りうかうにつき
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鹿の子流行ばやりである。帯かたもとか、その鹿の子の端が、さっきからちらと見えていたが、母親に大声で笑われると、お次は、
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼が東京の旅で驚いて来た過渡期の空気、維新以来ほとほと絶頂に達したかと思われるほど上下の人の心を酔わせるような西洋流行ばやりを考えると、心も柔らかく感じやすい年ごろの和助に洋学させることは、彼にとっては大きな冒険であった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
きいろい本の表紙には、“Trueツルー Loveラヴ”と書かれた。文科の学生などの間に流行はやつてゐる密輸入のアメリカ版の怪しいほんだ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ほたるてえものは、むかし大分だいぶ流行はやつたもんだが、近来はあまり文士がたさわがない様になりましたな。う云ふもんでせう。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「そうさなじゃ困ったな。——おいあすこの西洋人の隣りにいる、こまかい友禅ゆうぜんの着物を着ている女があるだろう。——あんな模様が近頃流行はやるんだ。派出はでだろう」
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「悪い癖だ。——私に寄越したこの間の手紙などは二三行でローマ字で印刷してあつた。近頃の書生の間ではそんな真似が流行はやるのかしら……無礼な。」と、母は嘆いた。私は、心持を説明することが出来なかつた。
悪筆 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「旦那、この節あ、剣術流行ばやりで猫も杓子しゃくしも、武者修行だ。この街道を歩く武者修行だけでも一日に五人や十人はきっと見かけますぜ」
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし私は常に考えて居りますことは、この古い様式の画を、私どもぐらいが守って居りませんと、新しい画流行ばやりの現代では、誰もこういうものを描く人がなくなって、やがて美人画は跡を断つに至るだろうと思います。
「汐くみ」の画に就いて (新字新仮名) / 上村松園(著)
開演まぎわに馬車コウチエで駈けこんで、満員の全スタンドに思うさま着物を見せようというのが、マドリッド社交界の流行ファッションだ。
すぐに女王マタ・アリを中心に、色彩的な「饒舌じょうぜつ淫欲いんよく流行ファッション宮廷コウト」ができあがって、われこそ一番のお気に入りだと競争を始める。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
それから最後さいご流行りゆうこうしてたのは四角塚しかくづかでありますが、この前方後圓ぜんぽうこうえん四角しかくかたちはやがてすたれてしまつて
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
だがこのひとうた全體ぜんたいに、かならずしも世間せけんでいふようなものばかりでなく、やはり當時とうじ流行りゆうこうの、はでなこせ/\したものもないではありません。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
あの大水おおみずのあった時より、あの悪病わるびょう流行はやった時が怖しかった。どうしてこの村は、人が長く落付かないだろう。私共も早くせがれが一人前となって、店でも出すようになったら、町へ越して行きたいものだ。」
(新字新仮名) / 小川未明(著)
「そうでしょうか」と云う返事をしたが、すぐ真面目な調子で、「蛍てえものは、昔は大分流行はやったもんだが、近来は余り文士方が騒がない様になりましたな。どう云うもんでしょう。蛍だのからすだのって、この頃じゃついぞ見た事がない位なもんだ」と云った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
流行はやらしたは山県紋也であって、今宵も紋也は一軒の家の、土間の床几しょうぎへ腰をかけながら、チビリチビリと酒を飲んでいた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もっともあのソプラノを一パイに張切ると持って生れた放浪的な哀調がニジミ出る。涯しもない春の野原みたような、何ともいえない遠い遠い悲しさが一パイに浮き上るのが傷といえば傷だ。日本では現在、あんなようなクラシカルな声が流行はやらないが、西洋に行ったら大受けだろう。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
近頃ハ和服ヲ洋服ノヨウニ着コナスヿガ流行はヤルヨウダガ、妻ハ反対ニ、洋服ヲ和服ノヨウニ着テイル。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
○網レースに、赤くエナメルした小さい小鳥のブローチや花などをところどころにつけたビクトリア時代の流行マトロンのキャップ
せいろんへ、せいろんへ——だれが言い出したともなく、一九二九年の旅行の流行モウドは、この新しく「発見されたせいろんへ」と、ここに一決した形で、いまのところ、せいろんは
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
フランスのある学者が『若し倒立さかだちしてあるくことが「流行モード」となつたとしたら、欧羅巴の婦人は些の躊躇もなく、みなそれを真似るだらう』と言うたことがあるが、これは多少皮肉ではあるが、西洋婦人の流行を追ふ心理状態を巧みに言ひ現はした言葉だと思はれる。
東西ほくろ考 (新字旧仮名) / 堀口九万一(著)
巴里の流行も伯林の流行も、世界の流行ヴォーグという流行はことごとく一変してしまうに違いあるまいと、彼女を見るたびに私はいつもそう思い、そしてそう思いながらも彼久を欧州へ連れて行くどころか! 私自身さえもはや故国へは帰ることもできず
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)