“はやり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
流行95.4%
時花3.1%
昂奮0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手が巴里ツ子同士、流行同士であり、其れが右様の事情のに行ふ決闘であり、上当日の決闘が非常に壮烈であつたので
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
りも増長して、下着に郡内縞、または時花小紋、上には縮緬の羽織をかさね、、帯、腰の物までそれに順じ
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
翌くる日、彩色の届けられた時、姫の声ははなやいで、昂奮かに響いた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
て斷り後に至り斯と心の就く事あらば面目なきならず本町の小西屋こそ大身代で有りながら事理のりし者なきや出所不定の醫師の言葉にひて病もなき
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)