巴里よりパリイより
予等は日夜欧羅巴に憬れて居る。殊に巴里が忘れられない。滞留期が短くて、すべて表面計りを一瞥して来たに過ぎない予等ですら斯うであるから、久しく欧洲の内景に親んだ人人は幾倍か此感が深いことであらう。 近日、友人徳永柳洲君は画を、予等夫妻は詩歌を …
作品に特徴的な語句
はふ おひ によ アア ちゆふ がへり ひつくりかへ 一寸ちよち 珈琲キヤフエエ こう いぢり がはり おん じやう きよく ぐわ ぱく むき ざう ぎよ 面紗ヹエル づよ やま しよ ひやゝか むかひ 一時 誘惑そゝの にほ ゆか つゝま 姿ステイル 顛倒ひつくり 彼女あのをんな たは 大海おはうみ そゝの おつしや たゞち 動揺ゆれ がへ 胴衣ヹストン 諾威ノルヱエ しゆ せう 珈琲キヤツフエ めい しよ ジユツプ 動揺ゆるぎ せう 扮装きつけ 心地ごゝち 夜更よぶか がき 夕食スウペ がは ぬる シユルノム どほり いき ぱい 自然じぜん すご 階段エタアジユ とう タアブル じよ はげ ほつそ ぢよ ぢゆう しゆ 宮殿パレエ 機会はづみ 珈琲カフエエ ぶる うは 夜更よぶ がゝ 下袴パンタロン 恰好かつかふ さま まじは すき 茶店カフエエ むかう 薄暗ぐら たゝかは