“夜更”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よふ49.2%
よふけ34.3%
よふか12.0%
よなか1.2%
よふかし0.8%
おそ0.4%
ふけ0.4%
ゆふ0.4%
よふく0.4%
よぶ0.4%
よぶか0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜更けに歌をうたって歩く人たちの声は、たとえ上手ではないとしても、冬の真夜中に湧きおこって、無上の調和をかもしだすのだ。
だがその行先は秘中の秘としてることとし、その夜更、大学の法医学教室に起った怪事件について述べるのが順序であろう。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それは昨夜の夜更しのせいもあったろうし、外はこの雪でもあるし、こうして寝かしておけばいつまで寝ているかわかりません。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
夜更目敏い母親の跫音が、夫婦の寝室の外の縁側に聞えたり、未明に板戸を引あけている、いらいらしい声が聞えたりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
……これはよく落語家が枕にふる言葉ですが、……無くて七癖、有つて四十八癖、といつて誰にもあるんでせうが、さうなるとわたしには、夜更をするのが癖の一つでした
(新字旧仮名) / 喜多村緑郎(著)
廓をひかえて夜更くまで客があり、看板を入れる頃はもう東の空が紫色に変っていた。くたくたになって二階の四畳半で一刻うとうとしたかと思うと、もう目覚ましがジジーと鳴った。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
この句には「夜更て帰る時に蝋燭なし、亭坊の細工にて火とぼす物でかしてわたされたり、むかし龍潭紙燭はさとらんとおもふも骨をりならんとたはぶれて」
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
夜更けのせゐか、東京の郊外を歩いてゐるやうな、平凡な町であつた。年寄りの宿引きの案内で、山吹荘といふ小さい旅館へ案内された。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
一年夏の驟雨後の月影かにして、北向の庭なる竹藪に名残白玉のそよ吹く風にるゝ風情、またあるまじきなりければ、旗野は村に酌を取らして、夜更るを覚えざりき。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
マロニエの梢を渡る風がそれかと思はれるやうな事がままあるくらゐである。そんなに思つて居ながら、夜更かしをしたあとなので、矢張朝が起きにくい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
夜更しをして帰つて来る自分達は兎角遅く起きる朝が多いのに、夫人は何時でも温かい料理を出す様にと気を附けてられる。初めに辞退しなかつたので毎朝通りの料理が出て加之量が多い。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)