“ふけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フケ
語句割合
86.7%
雲脂3.6%
2.6%
2.2%
普化1.3%
頭垢0.9%
富家0.5%
0.4%
0.4%
夜更0.2%
老化0.2%
膚垢0.2%
0.2%
逃亡0.2%
0.2%
雪脂0.2%
髪垢0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もちろん食通というほど料理の趣味にるような柄でもなかったが、均平自身は経済的にもなるべく合理的な選択はする方であった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
私の頭の雲脂を落したり、いたりしてくれた上に、「少しお頭を拝借させて下さい」と、水油を少し附けて、丸髷に結ってくれました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
つちや逆旋毛てるてえでりつけねえぢやなんぼ大儀えかよなあ、そんだがぢや、れよりえつだなんておとつゝあにやはれんのよ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
早めて歩行ども夏の夜のく早五時過とも成し頃名に聞えたる坂東太郎の川波音高く岸邊人丈よりも高々と生茂
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
下総の一月寺、京都の明暗寺と相並んで、普化宗門の由緒ある寺。あれをあのままにしておくのは惜しいと、病床にある父が、幾たびその感慨を洩らしたか知れない。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
胡麻塩頭の中へ指を突っ込んで、むやみに頭垢を掻き落す癖があるので、の間に火鉢でも置くと、時々火の中から妙なを立てさせて、ひどく相手を弱らせる事があった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
道を境に左は死刑人と行倒れの人をめ、右は貧乏人の塚を集め、両方ともそれからそれへと段々に土を盛り上げ、さながら富家の祝いの饅頭を見るようである。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
素面で居る時は、からもう元気の無い人で、言葉もすくなく、病人のやうに見える。五十の上を一つか二つも越したらうか、年の割合にはたといふでも無く、まだ髪は黒かつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
さててきしなどして、木村氏のもとにありしが、いつまでも手をくしてあるべきにあらねば、月給八円の雇吏としぬ。その頃より六郎酒色りて、木村氏に借銭払わすること屡々なり。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
この句には「夜更て帰る時に蝋燭なし、亭坊の細工にて火とぼす物でかしてわたされたり、むかし龍潭紙燭はさとらんとおもふも骨をりならんとたはぶれて」
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
なんでも縫紋の羽織なんか着込んで、髪をこう丸髷なんかに結んで、ちょっと老化づくりだったそうですが、これがその、例によって型通り
あやつり裁判 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
この間も縁側で園田の膚垢を取ってやっていると、あの人がへ来て、冷やかし半分厭味を言ったりするの。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
……るならお前らだけで逃てくれ。おれは、この座敷を動かねえんだ
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
したのだろう。それで野郎、逃亡たのだな
入給ひては如何も外に男の子も御在ぬ事熊殿年のぬうちに聟養子をなし持參金子を以て山方問屋償却し方もを付て身上
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
雪脂を掻くような粉雪が、天候を全く雪の日と定めたらしく引緊って感じられて来たあたり四面の凸所に白く積ってまいります。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
独語つところへ、うッそりと来かかる四十ばかりの男、薄汚衣服髪垢だらけの頭したるが、裏口からきこみながら、れた声でぶ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)