“ふけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フケ
語句割合
87.0%
雲脂3.7%
2.7%
1.9%
普化1.2%
頭垢0.8%
富家0.6%
0.4%
夜更0.2%
老化0.2%
(他:6)1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は鉛筆の尻についているゴムを噛みちぎって、弾力の強い小さな塊を歯の間にもてあそびながらいろいろと思いふけった。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
うへ雙方さうはうとも、ものおもひにふけつて、一言葉ことばかはさなかつたのである。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「何だい、八、先刻から見て居りや、すつかり考へ込んで火鉢へ雲脂ふけをくべて居るやうだが、俺はその方が餘つ程氣になるぜ」
健三ははしを放り出して、手を頭の中に突込んだ。そうして其所そこたまっている雲脂ふけをごしごし落し始めた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「あの穴場はふけえからな」と忠なあこは話を聞いて云った、「とても機械を揚げるこたあ無理だな」
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「あの穴場はふけえからな」と忠なあこは話を聞いて云った、「とても機械を揚げるこたあ無理だな」
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
母君ふけるまでいさめたまふ事多し、不幸の子にならじとはつねの願ひながら、折ふし御心みこころにかなひ難きふしのあるこそかなし。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
家付の我儘娘、重二郎は学問にって居りますから、ふすまを隔てゝふけるまで書見をいたします。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
したがって、同じ竹枝ちくしすさびにしても、その訴えるところは、ちまたや僧院の普化ふけたちとは必然なちがいをもつ。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
でなければ、まだ五年も十年も、いや、あるいは死ぬまでも、一かんの竹にわびしい心を託して普化ふけの旅をつづけて終るつもりであった。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こぼれ落ちるものは頭垢ふけと涙、湧きいづるものは、泉、乳、虱、接吻くちづけのあとのおくび、紅き薔薇さうびの虫、白蟻。
第二真珠抄 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
こぼれ落ちるものは頭垢ふけと涙。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ただ幾分か、人工が加えられてある所は、今、義経が立っているここ平等院の北の辺り——土民が富家ふけの渡しとんでいる岸だけであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは近道を貪る人が靴の底で踏み固めたものであるが、自然の区切りとなり、道を境に左は死刑人と行倒ゆきだうれの人をうずめ、右は貧乏人の塚を集め、両方ともそれからそれへと段々に土を盛り上げ、さながら富家ふけの祝いの饅頭を見るようである。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
五十の上を一つか二つも越したらうか、年の割合にはふけたといふでも無く、まだ髪は黒かつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
といって、その実はふけさせて見せているかも知れない。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
この句には「夜更ふけて帰る時に蝋燭なし、亭坊の細工にて火とぼす物でかしてわたされたり、むかし龍潭りゅうたん紙燭しそくはさとらんとおもふも骨をりならんとたはぶれて」という前書がついている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
ところで……その、放火事件に呼出された「つぼ半」の女将なんですが、その日、この別嬪は、なんでも縫紋ぬいもんの羽織なんか着込んで、髪をこう丸髷まるまげなんかに結んで、ちょっと老化ふけづくりだったそうですが
あやつり裁判 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
この間も縁側で園田の膚垢ふけを取ってやっていると、あの人がそばへ来て、冷やかし半分厭味いやみを言ったりするの。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
あわてて投込場から死体を盗んだのがまたいけない。こうヤキが廻ったからには、しょせん悪あがきをしてもそれは無駄。千仞の功を一簣いっきに欠いたが、明石あかしの浜の漁師の子が、五十万両の万和の養子の座にすわるとありゃアまずまず本望ほんもう。……ふけるならお前らだけで逃てくれ。
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「そんなことは素人に出来る筈がねえ。千太の野郎がやったのかな。浅井の人たちを砂村へ送りつけて、その帰るのを待っているあいだに、千太が何か仕事をしたのだろう。それで野郎、逃亡ふけたのだな」
その頃より六郎酒色しゅしょくふけりて、木村氏に借銭しゃくせん払わすること屡々しばしばなり。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
雪脂ふけを掻くような粉雪が、天候を全く雪の日と定めたらしく引緊って感じられて来たあたり四面の凸所に白く積ってまいります。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
独語ひとりごつところへ、うッそりと来かかる四十ばかりの男、薄汚うすぎたな衣服なり髪垢ふけだらけの頭したるが、裏口からのぞきこみながら、おつつぶれた声でぶ。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)