“おそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オソ
語句割合
15.7%
13.3%
11.9%
11.0%
10.1%
8.6%
7.6%
6.7%
5.5%
2.0%
1.7%
1.4%
1.1%
0.8%
0.7%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
夜更0.1%
恐怖0.1%
0.1%
可怖0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
男曾0.1%
畏懼0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
遅刻0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「きっと太郎のあっちへいって、自分味方れてくるんだろう。そして、うちをするんだろう。そうするとろしいな。」
雪の国と太郎 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しるべの燈火かげゆれて、廊下ろしきをれし我家ともはず、侍女下婢最中さま書生部屋へとおはしぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
すると日頃丈夫な父親が急に不眠症を起して、突如宿へ転地して来た。もうも応もなかった。仕舞ったと気がついたが、もうい。
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
子之助は父をれて、湊屋の下座敷から庭に飛び下り、海岸の浅瀬をって逃げようとしたが、使のものに見附けられてえられた。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そのれは充分にあるが、もしもそんな事が起こっていたら、そのときこそ包の内容を調べて、自分のとるべき途を考えるとしよう。
風流太平記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
わがは我を慰め、休息はわがいを和らげんと、我思いおる時に、汝は夢をもて我を驚かし、異象をもて我をれしめたまう。……
しかし、嵐は海のうえにばかり吹いたのではなくて、ホテルのこの『社交室』も、今朝から一種の突風のようなものにわれていた。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
このものれが昼も夜も私を悩ました。昼はそのもの思いの呵責がひどいものであったし——夜となればこのうえもなかった。
後から追いつかれると何だかずっと追いぬかれたような気がするものである。久野の艇は何だかいつもより船脚がいようであった。
競漕 (新字新仮名) / 久米正雄(著)
……まずボーイにわった通りに階段を昇って、ここに立ち止まって誰も居ない事をたしかめた。その足跡は他のよりもハッキリしている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ロレ (傍を向きて)それはうせねばならぬ仔細が、此方ってをらなんだらなア!……あれ、御覽ぜ、此庵にわせられた。
それは最初こそ、彼には楽しい想像の接穂としても親まれたが間もなくするうちに、それはろしい恐怖の予言のように思われはじめた。
あめんちあ (新字新仮名) / 富ノ沢麟太郎(著)
叔母のようすには心をぞっとさせるようなものがあるし、つれこまれたところが墓地だというだけでも、子供の頭にはわれるような恐怖が生じた。
日本婦道記:おもかげ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
下谷外祖父毅堂先生の詩に小病無名怯暮寒小病く 暮寒る〕といはれしもかくの如き心地にや。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
前の世の罪ででもある事か、と自ら危ぶみ、れ、惑い、且つんでいた葛木は、余りの呆気なさにかえって驚いたのである。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
よ。汝に告げん。君子を好むはるなきがためなり。小人楽を好むはるるなきがためなり。それの子ぞや。我を知らずして我に従う者は。」
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
くまで居残ってそこの台所で吸物の味加減をなおしたり酒のかんの手伝いをしたりした揚句、祝儀袋を貰って外へ出ると皎々たる月夜だった。
放浪 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
一直線に単線電車をそ十五分ほど乗ると、大門へ着くのだが、少し威勢のよい足なみで突き進むとやがて田圃へ出てしまつて、検黴病院のいかめしい建物が、目に痛いほどの寂しさを与へる。
名古屋スケッチ (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
そこの学校を出て私が他処の学校へ通う様になってもM子の引けのい日にはわざわざまわって行って一緒に帰った。
M子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
を渡る時、蛟竜船を追う、舟中の人皆る、天を仰いで、嘆じてく、我を天にく、力を尽して、万民を労す、生は寄なり、死は帰なりと、を見る事、蜿蜓の如く、眼色変ぜず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
どれほどそれを書く手のまた、ろしく慄えて止まなかったことだろう。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
の住む水も田に引く早苗かな
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
廓をひかえて夜更くまで客があり、看板を入れる頃はもう東の空が紫色に変っていた。くたくたになって二階の四畳半で一刻うとうとしたかと思うと、もう目覚ましがジジーと鳴った。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
その夜更く、帰って来た。耳をましていると
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
印度洋では是等苦難に、今一個恐怖き『海賊船襲撃』といふがある。
現世存在得べからざる海魔とか船幽靈とかよりは百倍千倍恐怖るべき仕業で、企圖つるがあつて、弦月丸彼處海上誘引せやうとしたのではあるまいか
橋の下のちょうどまん中の辺にいれば、付近を通行する人に見つかるれのないことを私は昼間によくたしかめておいたのである。
動物園の一夜 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
これを見ても、私はそう云っていてはきりがなくなる、と云われた貴方の言葉を思い出し可怖るべしおそるべしと毛穴から油あせを感じた。
華大媽は「あの墓もあの人の息子だろう」と気の毒に思っていると、老女はあたりを見廻し、たちまち手脚を顫わし、よろよろと幾歩か退いて眼を睜ってれた。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
「もし子供が出来たら……」私はその結果をれながら、しかしまた、もう母になったような気がして、そのまだ見ぬ子供を心の中で抱擁しているのだった。
従容としてらず、晏如としてれず、偉なる、偉なる哉。皇太孫允炆、宜しく大位に登るべし、と云えるは、一や鉄の鋳られたるがし。衆論の糸のるゝを防ぐ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
九月に入ると、肥州温泉が、数日にわたって鳴動した。頂上の噴火口に投げ込まれた切支丹宗徒怨念のなす業だという流言が、肥筑の人々をれしめた。
恩を返す話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
の戸ふる。新嘗忌に、わがを遣りて、ふ此戸を
最古日本の女性生活の根柢 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
私は自分の裡に辛うじても保つ、微かな燈火が、自らの煽りに燃え尽きて仕舞う事をれる。
無題 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
麻の皮をはいだのを木曾、畑から切って来たのを生曾、日にしたのを、花ばかりなのを男曾、実のなるのを女曾、男曾の中でも長くて大きいのを重曾なぞと言います。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そうして、その一度一度に、私の心は沈淪患難されるかのように、畏懼れ、えるのでした。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
おほきみの御稜威かがやく狂業するな漢人 (平賀元義)
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
第二の妙は初齣をゆること一等なりき。これヂドとエネエアスとの對歌なり。ヂドは無情なる夫のせめては啓行の日をうせんことを願へり。君が爲めにはわれリユビアの種族をめき。
だからわる方になってもこの習わり方がかえって近道なので、急がば廻れで、遠国から出て来て、三年の修業というようにあらかた日限を切って自分の仕事を物にしよう
召使いの僕婢きはいつか退けられて、世辞よきが用いられるようになれば、幼き駒子も必ずしも姉を忌むにはあらざれど、姉をるが継母の気に入るを覚えてより
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
牝虎偈を以て答えていわく〈汝もし師子王を見聞せば、胆れ驚怖し馳奔走し、屎尿を遺失して虎籍し去らん、いかんぞ我が夫たるを得るに堪えんや〉、爾時かの中に一師子あり諸獣の王なり
(——清水茂は異常な恐怖にわれているらしく顔色を蒼白に変えながら語った)……はて、これはしなことがあるものだ。
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
尋ねてみたい気になつたも、一ツは家へ帰るがいや。汝はなにかを知つてもをれば、少しも隠さぬ、察してくれ。遅刻いついでに、今夜はここで、一寝入して行かふ。思ひ出してもうるさい
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
良心にわれて恐惶せる盗人は、発覚を予防すべき用意にあらざりき。渠が塀ぎわに徘徊せしとき、手水口きて、家内の一個は早くすでに白糸の姿を認めしに、渠はくも知らざりけり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「それたっ」と、武士たちが得物をとつてはうとすると、もかれもはれたようにもなくなり、ず、たゞ、ぼんやりとしてをぱち/\させてゐるばかりであります。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
一番先に夢にでもはれたといふやうにしてKが身を起した。つゞいて女がほつかり驚いたやうに大きく眼を見開いた。静かな夕暮の空気の中に二人の溜息が際立つてきかれた。
浴室 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)