“是等”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
これら98.1%
これとふ1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“是等”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション22.1%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本21.8%
社会科学 > 政治 > 政治史・事情6.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
目科は外の品よりも是等これらの瓶にもっとも其眼を注ぎ殊に其瓶の口を仔細にあらたむる様子なれば余は初て合点行けり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
是等これらの理由によって、吉岡忠一は𤢖を以て蒙古人の子孫と認めた。この以上の考證は、の識者を待つのである。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
其原料そのげんれうには獸の皮と木との別あれど余は是等これとふを總稱して遮光器しやくわうきと言ふ。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)