“常人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうじん21.4%
つねびと21.4%
じょうにん14.3%
たゞびと14.3%
じやうじん7.1%
ただびと7.1%
つねなみのひと7.1%
ひと7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麻糸にも精粗の差はあるが、もともと手先のわざだから常人じょうじんの着物は糸が太く布が強くて突張っていた。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
鋭く主水之介が呼び止めながら、のそりのそりと庭先へ降りて行くと、ぎょッとなったようにして立ち止まっているくだんの男の側に歩み寄ったかと見えましたが、ここら辺もまた退屈男の常人じょうじんでない一面でした。
第二の解脱法は常人じょうじんの解脱法である。常人の解脱法は拘泥をまぬかるるのではない、拘泥せねばならぬような苦しい地位に身を置くのを避けるのである。人の視聴をくの結果、われより苦痛が反射せぬようにと始めから用心するのである。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「——常人つねびとの配所へ流されるのは、悲しみかも知れぬが、頼朝のきょうの門立ちは、稀代きたいな吉日と、よろこんでよいはずではないか」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わけて、常人つねびとの印象となるであろう点は、笛の孔に無心な指の律動をおさのように弾ませていらっしゃるそのお手のなんとも大きなことだった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
常人つねびとでも、笠置いらいのにあい、獄舎住ひとやずみとでもなれば、痩せ細るものを、ご健康な点も、驚くべきものがある。そして、板屋にいても、いッかな天皇の礼を執らねば、一切のご応対もして給わぬ」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
常人じょうにんはこれを評してだと云う、気違だと云う。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もちろんく緩慢な麻痺作用を起すものだから、はじめから刺戟を殺してあるのだ。しかもその後いつまでたっても当人は、瓦斯中毒になっているという自覚が起らないのだ。つまり常人じょうにんと殆んど変りない精神状態におかれてあって、しかも脳の或る部分が日と共に完全麻痺におちいる。
常人たゞびとにて力士りきしきこえありしは頸城くびき郡の中野善右エ門、立石村の長兵衛、蒲原郡三条の三五右エ門、是等これら無双ぶさうの大力にて人の知る所なり。
常人たゞびとにて力士りきしきこえありしは頸城くびき郡の中野善右エ門、立石村の長兵衛、蒲原郡三条の三五右エ門、是等これら無双ぶさうの大力にて人の知る所なり。
常人じやうじんことなるなかりき。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それも、どうも常人ただびとでない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
常人つねなみのひとならばといひてにぐべきに、さはなくてその方に身をむけてつら/\見るに、かうくらくなりしにかゝるものゝあり/\と見ゆるもたゞ人ならじと猶よく見れば、からだ透徹すきとほるやうにてうしろにあるものもかすかに見ゆ。
黒吉は、既にこの常人ひとの窺ってはならぬ「白日の妖夢」の俘囚とりことなってしまったのであった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)