“帶”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
おび49.5%
35.2%
たい7.7%
1.1%
おぶ1.1%
しごき1.1%
たらし1.1%
1.1%
1.1%
バンド1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ、のよろこびのも、片敷いてかぬ留守きもあへず、飛報鎭守府病院より、一家しにた。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
文化發達してれば、自然何處漠然として稚氣びてるやうな面白化物思想などをれる餘地くなつてるのである。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
に參らんとより受出して來たる衣服省愼の大小をし立派なる出立に支度なして居たる處へ同じ長家に居る彼張子釣鐘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
平生は一きりしてゐないけれども、二本帶して資格つてゐて、與力京武士らなくてもいいだけの地位になつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
押拭れば父は再度此方に向ひ此家に長居する時は眞夜中なりとも如何なる人に知れて繩目を受んと言も計られねば早く立去り支度をしてと云にお光も心得て父諸共に家を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に似たるかな
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
右の八島士奴美の神より下、遠津山岬の神より前、十七世の神といふ。
此時天一坊の裝束には鼠琥珀紅裏付たる袷小袖の下には白無垢ねて山吹色素絹紫斜子指貫蜀紅錦袈裟を掛け金作鳥頭の太刀をし手には金地の中啓爪折傘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
じて/\、たとへかるゝとも。』と斷乎としてへた。大佐微笑びてめた。
M氏より十歩ばかり先へ歩いてゐた私は、或る家の縁の下に一人の痩せた女がを編んでゐる所を見付けた。は中々出來上りさうもないが、傍には既に出來上つたバスケットが一つ置いてある。