花守はなもり
我が夜雨の詩を讀みたるは、七八年前某雜誌に載せられたる『神も佛も』といふ一長篇を以て初めとなす、當時彼の年齒猶少、その詩想、亦今より見れば穉簡を免れざる如しと雖も、我は未だ曾てかくばかり文字によりて哀苦を愬へられたることあらず、我が彼と交を …
作品に特徴的な語句
つきあつ かて はてし おもわ やれ 躊躇やすら オロカ かへせ 退しぞ かよ 寂寞しづか 美人たをはめ 悲哀ソルロフ つくら かづ しどけな しづか まとか 裁縫はぬい もゆ しづ かへ をす つゝ しまぼし すだ いろ 耳朶ほたれ やさ おほ かへ とつ いでい 大海あら かけら 鹿かこ ものい 接吻きつす いぬ 龍頭みよし 石階きざはし あれ いち あふみ 西京みやこ こゝ やら うさ 微笑ほゝゑみ しごき はて 背向そがひ うきはし をふさ かつ あや うご こがね 大海わだつみ かを かげ かへ とゞ こほ 地球つち はり まで あらゝぎ くれなゐ 宮中みやぬち おく くち 黄金わうごん 築地ついぢ うづま 滿潮やえ 斷崖きりきし しを たなそこ かへ たまき 新潮にひしほ たまき おつ