花守はなもり
我が夜雨の詩を讀みたるは、七八年前某雜誌に載せられたる『神も佛も』といふ一長篇を以て初めとなす、當時彼の年齒猶少、その詩想、亦今より見れば穉簡を免れざる如しと雖も、我は未だ曾てかくばかり文字によりて哀 …
作品に特徴的な語句
にれ 祇園ぎをん なだ たちばな 裳裾もすそ まつげ そり 五位鷺ごいさぎ 生血ライフ、ブラッド 伽羅きやら 朧夜おぼろよ せり えり しをり 渡殿わたどの おく 常世とこよ 不知火しらぬひ あぶら 鹿島かしま 二歳ふたつ くぬぎ 慘憺みじめ すな 土橋どばし 白妙しろたへ 死人ひと ぶね 朱雀すじやく 産毛うぶけ 誰彼たそがれ 烏瓜からすうり あけ ひとり はえ 弓弦ゆづる 泡沫うたかた あらゝぎ 川上かはかみ 小川をがは うてな 蘭麝らんじや 黒髮くろかみ 千年ちとせ 築土ついぢ やさ 朝明あさけ はなびら いは 背向そがひ 若草わかくさ 茅萱ちかや ふご しべ 身躰からだ たまき いでい 野火のび 鴛鴦をしどり 階段きざはし おくつき 木瓜ぼけ あづさ 幻影まぼろし 海士あま 鞦韆ふらこゝ 公孫樹いてふ 孤兒ひとりご 白日まひる うた 手捕てどり 東路あづまぢ 海豹あざらし 裁縫はぬい 不知いさ おほかり 日光ひかり 山影やまかげ 花環はなわ つゝ 羽翼はね 虞美人草ひなげし 距離へだたり 太古いにしへ 悲哀ソルロフ 山繭やままゆ 捲上まきあぐ 浮橋うきはし 野人のゝひと 馴鹿となかひ 地球つち 水門みなと