“荒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すさ45.0%
あら18.7%
17.4%
あば7.7%
2.8%
あれ2.2%
アラ1.4%
さび0.8%
こう0.8%
スサ0.8%
0.6%
あらさ0.2%
あらら0.2%
ある0.2%
0.2%
しけ0.2%
すが0.2%
すさま0.2%
ラフ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒巻がヒサという女と関係していることは知っているが、ヒサは彼に愛想づかしをしており、そのために彼の気持は一時んでいた。
それでどんなえびすでも、虎狼のような猛獣でも、田村麻呂一目にらまれると、たちまち一縮みにみあがるというほどでした。
田村将軍 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
これでは、まるで冬にとざされたれはてた国に来ているようです。ニールスはたまらなくなって、大声で泣きだしたくなりました。
れ出して、雲を呼び雨を降らす——さればこそ竜神の社は、竜神村八所のめの神で、そこに修験者に人間以上の力があり
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「お前も流浪の性じゃ」と母がよく云い云いしたけれど、二十三と云うのに、ひどくけ込んで、脣などはさんで見えた。
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
隨分えことしたとえつけな、らも近頃になつてえな唐鍬滅多つたこたあねえよ、」鍛冶した唐鍬いて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
葬儀に際してび来る死の凶霊を、百獣の王である獅子の威光によって、払い除ける呪力あるものとして、用いたのに始まると考えている。
獅子舞雑考 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
叔母はれた秋口の湯治場に、長く独りで留まっていられなかった。宿はめっきりになって、広くて見晴しのよい部屋が幾個も空いていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
桓帝、霊帝このかた、四海わかれて争い、群雄みな覇王を僭称す。ひとりわが太祖武帝、民をいつくしみ、六合をはらい清め、八のごとく捲いて、ついに大魏国を建つ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さうしてその芸をまさない為には、又同時に檜舞台を荒さない為には、有望な若手を、小・中劇場にも出場させると共に、常に大劇場の公演に出して
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「やっぱり吹いてるな……プルルル」とサモイレンコが言った、「これじゃ外海はけとるぞ、やれやれ。悪いときに発つもんだな、コーリャ。」
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そも/\和獣の王、くしてる。菓木皮虫のるゐをとして同類ず、田圃ず、すはたる時也。
いや、現にその時も、平太夫がそう答えますと、さっきの盗人は一層声をげて、太刀の切先を若殿様の御胸に向けながら
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
山家の人のに熊をこと二三疋、ひはたる熊一疋を殺も、其山かならずる事あり、山家の人これを熊といふ。このゆゑに山村農夫て熊を事なしといへり。
わが友にて命運の友にあらざるもの道をびたる麓に塞がれ、恐れて踵をめぐらせり 六一—六三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ほんとに考へて見れば昨夜もあれはでなかつたのかも知れない
展望 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
寒さのとつつきのこの空虚な座敷の中は唯お互の心を一層しくさせるばかりだつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
19の黒い制服には金釦が重要性をつけていた。すべてが巴里からドライヴして来た人に相応しい「長いに狐色になったさ」
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)