ニールスのふしぎな旅ニールスのふしぎなたび
三月二十日月曜日 むかし、あるところに、ひとりの少年がいました。年は十四ぐらいで、からだは大きくアマ色の髪の毛をしていました。この子は、たいして役にもたちませんでした。眠っては、たべるのがいちばんの楽しみで、おまけに、いたずらをするのが大す …
作品に特徴的な語句
はん とう かわ うわ 商業しょうぎょう はつ ぎゃく ごろ けん かお あじ しょ 曲線きょくせん しつ まつ ぎょう ばら せい 失敗しっぱい 寺院じいん 川岸かわぎし 飛行ひこう るい がく 商人しょうにん 年老としお たま たたか つかま せっ おそ 連中れんちゅう よく いきお 計画けいかく りゅう めず 街路がいろ おこな いで 肉食にくしょく ばな うしな がい がた ぬの たい さいわ とく 故郷こきょう かぞ 整然せいぜん てき ぞく 明日みょうにち 暴風ぼうふう 服装ふくそう 木彫きぼ らく はん 機会きかい 正面しょうめん 水車すいしゃ かい てん こく れつ さん 画家がか ばたけ 出会であ こお 皇后こうごう こう くう ぞう きず ゆる 裏通うらどお つの みと