“鼻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はな90.8%
ぱな5.4%
ばな2.2%
なは0.5%
0.5%
ナリシス0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仕立屋さんはそのつぼをみんなしらべて、いちいちもちあげては、をくっつけてみました。そのあげくのはてに、こういいました。
笠森のおせんだと、いうとなくからわって白壁町までくうちにゃァ、この駕籠にゃ、人垣出来やすぜ。のう
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
さんはうしました」と聞いた。梅子はすぐ此陳腐な質問に答へる義務がないかの如く、しばらく椽つて、めてゐたが
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
近衞家京武士は、綺麗で、のツぺりしたひつゝ、片手まんで、三れたところから、鼻聲した。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
軽い加多児で弱っている。少しずつ涼しい。誰からも手紙がない。別に何も考えなかった。何も書かなかった。(九、二二)
まず、鼻下の細を剃り落しもみあげを長くして、これなら、三日軽口師の「のカムポス」とは、誰がみようと分るまいというのである。そうして、その翌夜「恋鳩」へいった。
人外魔境:05 水棲人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)