“雀斑”の読み方と例文
読み方割合
そばかす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぱらぱらとをめくってみると、或る頁に名刺ぐらいの大きさの写真が一枚んであった。雀斑のありそうな、若い男の写真である。
旅の絵 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
雀斑のあるかなり可愛いい顔をしたワンピースのドレスの少女とひそやかに語らいながら二人切りの時間を楽しんでいる様だった。
ひとりすまう (新字新仮名) / 織田作之助(著)
重々しく充実した体にちょいと可愛くサロン前かけをつけて、上瞼に薄く雀斑のある顔を傾けながら、ゆき子はいやに断定するように
朝の風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)