“雀斑”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そばかす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雀斑”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語4.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なれども秀林院様の御器量はさのみ御美麗と申すほどにても無之、殊におん鼻はちと高すぎ、雀斑そばかすも少々お有りなされ候。
糸女覚え書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ちょいと雀斑そばかすのあるような顔をした男の子がかいてあったでしょう、ぷりっとした体で、溌溂として、いい匂いの髪のある。