“雀色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すゞめいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雀色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
丁度たそがれ時、人通りが絶えて、町家も水の上も、一樣に雀色すゞめいろに見える頃でした。柳原の淋しい土手に掛ると、
四方あたり雀色すゞめいろになる頃までには、何うやら斯うやら火を消して了つて、平次と八五郎は、掛り同心永村長十郎、土地の御用聞三河島の淺吉等と一緒に