“黄緑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きみどり33.3%
こうりょく33.3%
くわうりよく11.1%
こうりよく11.1%
わうりよく11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明るい黄緑の花を垂れた柳並木を通して、電車通の向側へ渡って行く二人の女連の姿が見えた……その一人が彼女らしかった……
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかも明るくひろくうち開けた上流の空の、連峰と翠巒濛々たる田園の黄緑、人家、煙。霧、霧、霧。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
またははじめから淡緑や、黄緑のものがいのですが、その若葉も、その樹木種類によつて、それ/″\るものとなければなりません。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)