“黄緑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きみどり33.3%
こうりょく33.3%
くわうりよく11.1%
こうりよく11.1%
わうりよく11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄緑”を含む作品のジャンル比率
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おな新緑しんりよくのうちにもみどりや、あはみどりのもの、黄緑きみどりのものなどがあります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
三吉が家から二つばかり横町を隔てた河岸かしのところには、黄緑きみどりな柳の花が垂下った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかも明るくひろくうち開けた上流の空の、連峰と翠巒すいらん濛々もうもうたる田園の黄緑こうりょく、人家、煙。霧、霧、霧。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
どよめく度に、白紅はっこうの旗や黄緑こうりょくはいは嵐のように揺れに揺れている。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黄緑くわうりよく外光ぐわいくわうびた青年のかほのうへを、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黄緑くわうりよくの Passion を燃えたたせ、顫はす
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
またははじめから淡緑たんりよくや、黄緑こうりよくいろのものがおほいのですが、その若葉わかばいろも、その樹木じゆもく種類しゆるいによつて、それ/″\ことなるものとなければなりません。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
つた黄緑わうりよくの若葉と
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)