木曾川きそがわ
「ほら、あれがお城だよ」 私は振り返った。私の背後からは円い麦稈帽に金と黒とのリボンをひらひらさして、白茶の背広に濃い花色のネクタイを結んだ、やっと五歳と四ヶ月の幼年紳士がとても潔よく口をへの字に引き緊めて、しかもゆたりゆたりと歩いていた。 …
作品に特徴的な語句
たまた みょう おこし ほう あく しょう おおむ 水辺みなべ しょ うわ うつ 黄色おうじき ごと あろ げん たか たい 白金はっきん のど しも むこ がっ ただち とま 伯楽ばくろ ぞう 良夜りょうや 河面かめん つらな 尾羽おば 童子どうし 水色すいしょく しず とつ 空際そらぎわ さん るい はず ぞう 白砂はくしゃ うえ 盗人ぬすと おやじ ふり 水沫すいまつ えら 犬帰いぬがえり 薄明はくめい とも かご あるい あか いただき 釣棹つりさお 上手かみて 小切こぎり 相間あいまじ いさぎ 河中かちゅう がえん 白茶しろちゃ 柳河やなかわ ぜん 夕暮ゆうぐれ そめ うしろ 絵絹えきぬ 山城さんじょう 清秀せいしゅう 岩角がんかく 古井こい めん 北方きたかた くびす 青田あおだ しる あが 濃青のうせい 底光そこひかり したし 水祭みずまつり 此方こなた ふなべり ほう 水禽みずどり 暑熱しょねつ 赭黒しゃこく 茶褐ちゃかつ べに 宿酔しゅくすい はるか