“白金”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
プラチナ30.0%
しろがね28.8%
しろかね23.8%
はくきん8.8%
はっきん5.0%
はつきん2.5%
プラチナム1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを武器として大詐欺師に対向り、大詐欺師をして屈伏せしめ、白金三十枚を詐欺師の手から、巻き上げようとしたのであった。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
船にはきっと腰蓑を着けた船頭がいて網を打った。いなだのだのが水際まで来て跳ねる様が小さな彼の眼に白金のような光を与えた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ちょうど三月の末、麦酒会社の岡につづいた桜のびそめたころ、私は白金の塾で大槻医師が転居するという噂を耳にした。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
夫人の頭髪は白金の様に白い。両鬢を大きく縮らせたまま別別に放して置いて、真中の毛を高く巻いてある。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そうだ、ちょうど「白金独楽」や「雲母集」の詩や歌の出来た頃だ。ある晩坐っていると、筆がおもしろいくらい動くのだ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
ムニタルプというのは白金 Platinum を逆に読んだ名前であって、全米の白金で儲けた金持たちが、道楽に金を出し合ってつくった協会である。
黒い月の世界 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)