“鰡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼら88.2%
いな5.9%
ボラ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皎々として、夏も覚えぬ。夜ふけのつゝみを、一行は舟を捨てて、と、とが、寺詣をするに、しよぼ/\と辿つて帰つた。
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
伴「馬鹿な事をしゃい、川で鰹が釣れますものかね、たか/″\ぐらいのものでございましょう、兎も角もいらっしゃるならばお供をいたしましょう」
には前もって、柊の小枝を挿して置き、それに鰯の頭——昔はの子のいなの頭——をつき刺して出しておいたものです。
鬼を追い払う夜 (新字新仮名) / 折口信夫(著)