“鰥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やもめ84.2%
おとこやもめ5.3%
やまめ5.3%
やもお5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういう袖子さんはで、中年いにれたにあるように、一つでどうにかこうにか袖子たちをきくしてきた。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
肥り返って岩畳骨格の男だ。顔は頗る不器用で御丁寧にと来ているが、お金は大層あるそうだ。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
独身で暮すに似ず、内気でございますから、外出も致さず閉籠り、鬱々書見のみして居りますへ、或日志丈が尋ねて参り