“鱈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たら97.1%
だら2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の漁獲がひとまず終わって、先駆もまだ群来て来ない。海に出て働く人たちはこの間に少しの息をつく暇を見いだすのだ。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
まばゆい超越的な美をもっていて、町でさかんにもてはやされている、屍体のような色をしたやハドックとはまるで段ちがいである。
スケソウである。凍ってコチコチになっているから、まだ庖丁が立たないのだ。
黄色い日日 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)