“年越”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
としこし71.4%
としこ28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大歳または十四日の年越に、家々の門に来てこれを振りまわし、ダシヤレダシヤレ、またはハーラメダーセ、すなわち孕み女を出せとわめくのである。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この老人は遠く国から出掛けて、三吉の家で年越した母と一緒に成りに来た。それほど長く母も逗留していた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
もとは年越しその他の定例の祭りにも、氏子が集まってこの総の声、またはエイエイ祝詞をあげるおがあったそうである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「……、これからもをつけさつしやい、ではから年越しの今夜がの。……」れてた、如何にもその節分であつた。つからつぐらゐのだつたとふ。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)