“万聖節”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
ばんせいせつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“万聖節”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
オノリイヌ――この万聖節ばんせいせつで、ちょうど六十七になりました、奥さん。
〔出典〕にんじん(新字新仮名)/ジュール・ルナール(著)
ところが、彼の糺問法がすこぶる鈍いばかりでなく、万聖節ばんせいせつに行われる異端焚殺行列アウト・デ・フェにも恐怖を覚えるという始末なので、やむなく宗教裁判副長のエスピノザは、彼を生地サントニアの荘園に送り還してしまったのだ。
〔出典〕黒死館殺人事件(新字新仮名)/小栗虫太郎(著)