“俵編”の読み方と例文
読み方割合
たわらあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しい仕事になつた稻刈から稻扱からさうしてすりもんで得意俵編みもなくなつて、世間がげつそりとしくんだ勘次まひがたくなつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)