“水鉄砲”のいろいろな読み方と例文
旧字:水鐵砲
読み方割合
みずでっぽう50.0%
みづてつぽう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こまと、水鉄砲と、まりと、ろうせき……。水鉄砲は、いつまでもしておいてあげるから……。」
小さな弟、良ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
水鉄砲びせるといふ、きな玩弄物にして、其代でもたべるものをけてやるので、といつて、きまつて、世話をする、飼主はないのだけれど、ゑることはありはしなかつた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)