“水鉄砲”のいろいろな読み方と例文
旧字:水鐵砲
読み方(ふりがな)割合
みずでっぽう50.0%
みづてつぽう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水鉄砲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「こまと、水鉄砲みずでっぽうと、まりと、ろうせき……。水鉄砲みずでっぽうは、いつまでもしておいてあげるから……。」
小さな弟、良ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
からかいにつては、はなたせる、手拭てぬぐひかむせる、水鉄砲みづてつぽうびせるといふ、きな玩弄物おもちやにして
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)